タグ:所得税・住民税

「コスパ」で考える!マンション経営の「修繕」と「費用対効果」

2018/09/29 管理・空室対策

経年によって古くなるマンションには、定期的な「修繕」が欠かせません。たとえば、経年劣化にともなう室内の「リフォーム」、建物をリニューアルするための「リノベーション」、共用部分を含めた「大規模修繕」などは行ったほうが良い修繕の代表といえます。それらの修繕を経て、建物の価値そのものが維持されていくことになるのです。ただし、マンションの修繕には計画性が必要です。やみくもに修繕を行うのではなく、計画...

もっと読む »

赤字は怖くない!?赤字額を合算できる「損益通算」の仕組みを理解しよう

2018/07/27 管理・空室対策

不動産投資を実践していると、場合によっては“赤字”になってしまうことがあるかもしれません。赤字とは、得られる家賃収入に対して、支出がそれを上回ってしまう状態のことです。そもそも不動産投資の収益構造は、「家賃収入-(諸経費+税金等)」となっていて、物件によっては赤字になっているケースもあります。では、不動産投資で赤字が発生したらどうすればいいのでしょうか。「赤字」と聞く...

もっと読む »

「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?「修繕費」と「資本的支出」で節税効果も違うの?

2018/07/23 管理・空室対策

保有している物件を修繕する場合、キーワードとして挙げられるのは「リフォーム」と「リノベーション」です。いずれも、建物の価値を維持するため、もしくは高めるために効果的な方法です。リフォームもリノベーションも、近年では耳慣れた言葉ですが、どのような違いがあるのかわからないという人も少なくないと思われます。ここでは、あらためてリフォームとリノベーションの特徴や、それぞれの違いについて確認しておきま...

もっと読む »

不動産投資の落とし穴!資産運用としてのマンション投資は“リスク”に注意

2018/05/01 不動産投資の基本

不動産投資は“投資”という言葉がついているように、分類としては、いわゆる投資の一種とされています。つまり、株式投資や債券投資、ETF(上場投資信託)あるいはFX(外国為替証拠金取引)などと同じ部類であると認識されているのです。ただ、不動産投資の中でも「マンション投資」には、“実物を取り扱う”という大きな特徴があります。マンション投資は、同じ不動...

もっと読む »

実は赤字にもメリットが!?マンション経営と利益の不思議

2018/03/06 不動産投資の基本

毎年のように赤字を垂れ流しているのにも関わらず、それでも存続し続けている会社が日本にはたくさんあります。事実、国税庁が発表している「会社標本調査結果」によると、2015年度における「欠損法人(決算上赤字の会社)」は全体の64.3%。実に、日本企業の3分の2が赤字となっているのです。会計や経理に詳しくない人からみれば、「なぜ、赤字なのに存続できるか?」と、首をかしげてしまうことでしょう。ただ、...

もっと読む »

着実なリターンを実現!資産運用としての不動産投資

2018/03/04 不動産投資の基本

「不動産投資」と聞いて、ハイリスク・ハイリターンな投資をイメージする方も多いかもしれません。確かに不動産の中には高額な物件も多く、必然的に投資額が大きくなるため、金額という面ではそのように感じられるのも無理はないでしょう。ただ、実際はどうなのでしょうか。リスクを考えるうえで重要なのは金額の多寡ではなく、リスクの透明度、そしてそのリスクに対処できるかということです。それらのリスクをあらかじめ考...

もっと読む »

不動産投資にまつわる税金とキャッシュフローの話

2017/09/07 不動産投資の基本

不動産投資が軌道に乗ると安定した収入が入ってきます。ただ、この収入がすべて手元に入ってくるわけではありません。不動産投資においては、収入に応じて課税される「税金」と支出を見た現金の動き(キャッシュフロー)がどうなっているかを把握することが大切です。キャッシュフローを把握していなければ、思わぬ収益の目減りが発生したり、投資の管理ができなくなったりする可能性があります。今回はそのような投資の「マ...

もっと読む »