最近よく聞く、賃貸併用住宅の仕組み

2017/09/04 不動産投資の基本

不動産投資は、入居者に物件を賃貸し、家賃収入を得ていくというスタイルが一般的です。最近よく聞く、「賃貸併用住宅」というものは、投資家自身がそこに居住し、使用しない住居を賃貸に出すという新しいスタイルです。購入した物件に自分自身で住みながらにして、不動産投資を同時に行うことができるというメリットがあります。賃貸併用住宅で不動産投資をするメリット5,000万円の戸建てを1戸購入した場合と、1億円...

もっと読む »

不動産投資家のススメ!投資物件の見極め方

2017/09/04 不動産投資の基本

不動産投資の成功に欠かせないのは、「投資物件の見極め」です。物件購入後、安定して入居者を得られるのか、家賃収入は安定して維持することができるのか。このような見極めをするためには事前知識が必要です。投資物件の見極めができなかった場合、購入後の入居者が入らず思わぬ空室リスクに悩まされてしまう可能性があります。それでは、どのような観点で投資物件を見極めていけばいいのでしょうか。いくつかポイントを確...

もっと読む »

区分マンション投資は複数物件に投資した方が安定する理由

2017/09/01 不動産投資の基本

区分マンション投資を行う投資家の多くは、1件ではなく複数に投資を行っていることが多いのをご存じでしょうか。これにはさまざまな理由がありますが、複数物件に投資した方が安定的な運用を行えるという理由が大きいようです。今回は、複数物件に投資したほうが安定する理由について探っていきましょう。地域分散が可能まず1つ目の理由として、複数の物件に投資を行うことで、地域分散が図れる点をあげることができます。...

もっと読む »

どれぐらい必要?区分マンション投資に必要な自己資金

2017/09/01 不動産投資の基本

区分マンション投資を始めるにあたり、どれぐらいの自己資金が必要なのでしょうか。不動産投資と聞くと、まだまだ富裕層や地主が行うものというイメージが強いかと思います。しかし実際には一般企業に勤めるサラリーマンや、年金で投資運用をする方など、いろいろな大家さんがいらっしゃいます。金額が大きいためハードルが高く見える不動産投資ですが、この記事では本当に必要な自己資金について解説していきます。マンショ...

もっと読む »

ニュースでよく見る空室率の話。実際はどうなの??

2017/09/01 不動産投資の基本

不動産投資のリスクとは、一般に「空室率」「金利上昇」「災害」などが挙げられます。特に、不動産投資初心者や、所有物件が少ない人にとって大きなリスクとなるのが「空室率」です。日本は人口が減少し始めており、空室率が上昇しているというニュースを見たことがある人もいるのではないでしょうか。「今後のマクロ情勢を見ると、不動産投資はリスクが高い」と判断する人もいるようです。しかし、空室率についてもっと実態...

もっと読む »

不動産投資を始める際の情報収集方法とは

2017/09/01 不動産投資の基本

不動産投資を行うに当たって、特に重要なことは何でしょうか。立地、構造といった不動産に関する事項は当然重要ですが、そうした物件選びにおける情報を得ることが、投資成果に直結します。つまり不動産投資では、投資を行う前にいかに情報収集を行うかが重要です。そこで、成功する不動産投資家はどのような方法で情報を得ているのか、またどのように情報を活用しているのかについて解説していきます。不動産投資の基本は書...

もっと読む »

保険より断然有利!?最近の団信のスゴイところ

2017/09/01 不動産投資の基本

住宅ローンを借りて自宅を購入した人は、団体信用生命保険(団信)に加入しているのではないでしょうか。団信は特定金融機関の債務者を1つの団体とみなして設定する保険です。万が一、債務者が返済中に亡くなったり高度障害を負ったりして弁済不能となった場合には、保険金により残債を返します。このような仕組みは不動産投資ローンにも導入されています。不動産投資ローンでも団信加入が可能金融機関は貸出金を確実に回収...

もっと読む »

不動産投資の見えにくいメリット。担保価値とは

2017/09/01 不動産投資の基本

不動産投資のメリットというと、家賃収入によるキャッシュフローが増加することにより経済的自由を手に入れることができるとイメージする人が多いのではないでしょうか。確かに、家賃収入によって給与外の収入が増えるということはメリットなのですが、それ以外にも担保価値の高い資産を築くことができるというメリットも忘れてはなりません。今回は不動産投資における担保価値について確認していきましょう。担保価値とは?...

もっと読む »