ますます盛り上がる都心の再開発⑦:六本木・赤坂エリア

2018/04/16 都心の再開発

都心のなかでもとくに“ブランド力”のある場所といえば、やはり「六本木・赤坂エリア」ではないでしょうか。このエリアは2000年以降、「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」という2大ランドマークが誕生し日本国内では他の追随を許さない人気を誇っています。また、日本だけではなく海外からも注目されているエリアといえるでしょう。このように魅力的な六本木・赤坂エリアですが、実は、2...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発⑥:東京・首都圏の道路整備

2018/04/13 都心の再開発

2020年に開催される東京オリンピック。そして、その東京オリンピックにあわせて造られたすべてのものをオリンピック後のレガシィにするために、現在、東京および首都圏各地ではさまざまな道路整備が行われています。建築された強固な街のインフラはまさに、その後の東京および首都圏を担うレガシィになり得るでしょう。そこで今回は、とくに「首都高」「環状2号線」「首都圏の交通インフラ」という3つの視点から、東京...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発⑤虎ノ門エリア 広大な再開発区域、相次ぐ超高層ビル建設、新駅の開発

2018/03/14 都心の再開発

「東京都 都市再生プロジェクト(東京圏国家戦略特別区域)」で予定されている都内28のプロジェクト。そのうち、虎ノ門エリアに6つのプロジェクトが集結しています。2014年6月から開業している「虎ノ門ヒルズ 森タワー」を中心に、都内でも有数の超高層ビルが立ち並ぶ虎ノ門エリアは今後、さらなる変貌を遂げようとしているのです。そもそも虎ノ門は、江戸城の南端にあった門の名前に由来しているとのこと。諸説ありま...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発④東京駅周辺エリア(後編)東京駅東側・八重洲口の再開発

2018/03/12 都心の再開発

前編では、東京駅の西側・丸の内口の再開発について紹介しました。後編では、東側・八重洲口の再開発について見ていきましょう。とくに東京駅の東側・八重洲口では、2020年の東京オリンピック以降の再開発が注目されています。「東京都都市再生プロジェクト(東京圏国家戦略特別区域)」には、都内28件のプロジェクトが予定されています。そのうち、12件ものプロジェクトが東京駅周辺に集まっているのです。では、具...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発④東京駅周辺エリア(前編)東京駅西側・丸の内口の再開発

2018/03/12 都心の再開発

2002年に行われた「丸の内ビルディング」の建て替えから、すでに15年が経過しました。その後、2007年には「新丸の内ビルディング」が竣工し、2012年には、東京駅にある「丸の内駅舎」が創建時の姿に復元されています。このように、東京駅の周辺は今、再開発によって新しく生まれ変わりつつあるのです。そもそも東京駅が開業したのは1914年(大正三年)のこと。その歴史はすでに100年を超えています。東...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発③:渋谷駅周辺エリア 新たなエンタテイメントシティを目指して大規模に生まれ変わる渋谷駅周辺

2018/03/10 都心の再開発

東京都の中でも、若者を中心に文化や交通、商業などの要衝として知られるのが渋谷です。渋谷駅周辺では、次世代に向けた新たな「エンタテインメントシティSHIBUYA」として進化を遂げるべく、「100年に一度」ともいわれる大規模な再開発が随所で行われています。たとえば、渋谷駅の整備から始まり、大型複合施設「渋谷ストリーム」やスクランブル交差点を見下ろす「渋谷スクランブルスクエア」です。さらに、「東急...

もっと読む »

訪日客は順調に増加!都心の不動産市場は活況!

2018/03/07 都心の再開発

海外から日本を訪れる訪日客数は順調に増加しています。2016年に年間の訪日客数が過去最高の2,400万人を突破しましたが、このままいけば2017年は3,000万人に届く勢いです。人が集まるとお金が集まり経済が活性化します。訪日客が増えることで、都市開発への影響はあるのでしょうか。訪日客と都心の不動産の関係について検証してみましょう。2017年10月度の訪日客数は259万人、前年同月比21パー...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発②:湾岸エリア 東京オリンピックの中心地として進化を遂げる湾岸エリア

2018/02/26 都心の再開発

湾岸エリアは、東京湾の沿岸に広がる、都心部に近い埋立地です。競技会場や選手村など、東京オリンピックにおける中心にもなる場所で、2020年に向けて再開発が進められています。そしてオリンピックまでで終わるのではなく、オリンピック以降も再開発が続き今後のさらなる盛り上がりが期待できるエリアです。2017年現時点で、環状2号線、勝どき・月島エリアをはじめ、すでにいくつかの場所では施工が開始されました...

もっと読む »

ますます盛り上がる都心の再開発①:品川エリア 「田町駅~品川駅間の新駅開発」と「品川駅前の再開発」

2018/01/16 都心の再開発

2020年の東京オリンピックを目前に、東京のさまざまなところで都市の再開発が行われています。特に注目されているのが、海外企業を誘致しアジアの拠点とすべく定められた「アジアヘッドクォーター特区」のエリア内に位置する「田町駅~品川駅間における新駅の開発」です。京浜東北線、山手線の新駅となりますが、特に山手線に駅ができるのは実に1971年の西日暮里駅以来、約50年ぶりということもあり、多くの人が関...

もっと読む »