都心の再開発
2019/06/20

進む東京都心の再開発(21)

原宿エリア JR原宿駅改良工事と大規模建て替え再開発プロジェクト

(写真=MADSOLAR/Shutterstock.com)
(写真=MADSOLAR/Shutterstock.com)

「100年に一度の再開発」が着々と進行する渋谷に隣接し、若者や観光客から絶大な人気を集める街「原宿」。ファッションや雑貨、スイーツ関連の商品など、流行の発信地とも言える店舗が多数軒を連ねる「竹下通り」が有名です。若年層、特に女性を中心に、連日多くの人々で賑わいをみせています。

一方で、原宿と隣接するエリアには、大人の街として人気がある表参道や青山があります。また、原宿駅の西側には、約54ヘクタールもの領域を占める都立代々木公園が広がっています。さらには、明治神宮や東郷神社など、日本の歴史と伝統を肌で感じられるスポットもあります。

そのような理由から、原宿エリアは東京近郊の人々だけでなく、世界的都市「東京」の多様な魅力が集積する街として、国内外を問わず観光客から根強く支持されています。2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機に、オリンピックスタジアム(新国立競技場)、東京体育館、国立代々木競技場といった競技場が身近な観光拠点として、原宿エリアでは外国人観光客がよりいっそう増えていくと予想されています。そんな原宿エリアで行われている再開発について、今後の動向を見ていきましょう。

▼目次

  1. 再開発が進む渋谷・宇田川町エリアとの相乗効果も期待できる
  2. これまでの再開発の動向
  3. 原宿駅前の大規模プロジェクト
  4. 再開発が進む渋谷・宇田川町エリアとの相乗効果も期待できる

原宿駅の改良工事に注目が集まる

改良工事前の原宿駅
改良工事前の原宿駅(photo ACより)
原宿駅改良工事後完成イメージ
原宿駅改良工事後完成イメージ(JR東日本 公式サイトより)

とくに注目されている動向としては、「原宿駅の改良工事」が挙げられます。これまで原宿駅では、ホームや改札内のコンコースが非常に狭く、ラッシュ時や大規模イベント時の混雑が課題となっていました。そこで、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに対応するべく、2016年からJR東日本による改良が進められています。

具体的な改良点については、次の通りです。

  • 年始のみ使用している臨時ホームを「外回り専用ホーム」へと変更。外回り専用ホームは、通路で竹下口改札にも接続させる予定
  • 線路およびホーム上に2層の駅舎を新設。コンコース、改札口、トイレの拡張、エレベーターの増設を実施
  • 明治神宮側に新たに出入口を設置

また、改良工事に伴い、駅舎を保存する動きも出てきています。1906年に開業した原宿駅は、1924年に現在地である渋谷駅寄りに移動し、新駅舎となりました。新駅舎は明治神宮の玄関口としてふさわしい意匠となるよう、建設当時流行していた洋風建築のデザインが採用され、現在まで多くの人々に親しまれています。

原宿駅舎は、都内においてJR最古の木造駅舎であり、1997年には“神宮の森とマッチしている西洋風の駅舎である”という理由で「関東の駅百選」に認定されています。そのため、建て替え工事に異を唱えている人も少なくありません。事実、JR東日本社長や渋谷区長宛てには、日本建築家協会(JIA)や原宿神宮前まちづくり協議会といった団体から要望書が寄せられるなど、駅舎保存を求める動きが活発化しています。

これまでの再開発の動向

表参道ヒルズ
表参道ヒルズ(photo ACより)

次に、再開発の状況について見ていきましょう。原宿エリアでは、1964年の東京オリンピック期に旧渋谷川沿いの遊歩道「キャットストリート」が整備されました。さらに2000年代に入ると、原宿神宮前まちづくり協議会による「キャットストリートプロジェクト」が行われ、現在では“裏原宿”の中心として賑わいをみせています。

商業施設としては、2006年2月に「表参道ヒルズ」が開業。2012年4月には「東急プラザ表参道原宿」も開業するなど、周辺地域が活性化しています。さらに2012年7月には、渋谷区において、約105.5ヘクタールにおよぶ神宮前地区の「神宮前地区 まちづくり指針」がまとめられるなど、さらなる発展につながっています。

原宿駅前の大規模プロジェクト

原宿駅前プロジェクト完成イメージ
原宿駅前プロジェクト完成イメージ(NTT都市開発株式会社 公式サイトより)

原宿駅前で進められている大規模プロジェクトについてもふれておきましょう。現在、2020年の開業を目指し、「原宿駅前プロジェクト」が進められています。このプロジェクトは、1959年に竣工した「原宿アパートメンツ」を含む複数の敷地(合計5000平米)を一体的に建替える内容を含む、非常にインパクトのある再開発となっています。

プロジェクトそのものはNTT都市開発株式会社による再開発であり、設計・施工パートナーには竹中工務店などの大手が名を連ねている状況です。完成する予定の建物は、地上10階建て・地下3階、延床面積約26,800平米となっており、原宿エリアをさらに盛り上げる施設になると期待されています。

再開発が進む渋谷・宇田川町エリアとの相乗効果も期待できる

このように、原宿エリアでは2020年を契機として、原宿駅周辺の動向が活発化しています。特に、国内外から注目される観光拠点として街の魅力をどれだけ高められるかが、今後の発展を担うカギとなります。その点では、原宿駅周辺の再開発もさることながら、渋谷エリアと隣接していることが大きなメリットとなり、相乗効果による発展が期待できると考えられます。

渋谷エリアでは、渋谷駅を中心として「100年に一度の再開発」と呼ばれるビッグプロジェクトが目白押しですが、なかでも原宿に近い宇田川町エリアでは、2019年1月15日に渋谷区役所を含む新庁舎が開庁しています。

さらには、渋谷公会堂の建替え(2019年10月に「LINE CUBE SHIBUYA」としてオープン予定)、渋谷パルコの建替え(2019年秋オープン予定)、三井不動産による渋谷区役所建替プロジェクトの住宅棟「パークコート渋谷 ザ タワー」(2020年9月竣工予定)など、再開発が活発化しています。

そして東京オリンピック・パラリンピックが終了した2020年以降にも、NHK放送センターの段階的な建替え計画があり、16年(2020年~2036年)にわたり進められる予定です。このように、長期的なスパンで考えても、原宿エリアの価値が持続的に高まっていくことが予想されることから、今後も原宿エリアから目が離せません。

▲目次にもどる

不動産投資に欠かせない知識満載のeBookプレゼント

【進む東京都心の再開発】
Vol.1:品川エリア「田町駅~品川駅間の新駅開発」と「品川駅前の再開発」
Vol.2:湾岸エリア 東京オリンピックの中心地として進化を遂げるための再開発
Vol.3:渋谷駅周辺エリア 新たなエンタテイメントシティを目指して大規模に生まれ変わる渋谷駅周辺の再開発
Vol.4-1:東京駅周辺エリア(前編)東京駅西側・丸の内口の再開発
Vol.4-2:東京駅周辺エリア(後編)東京駅東側・八重洲口の再開発
Vol.5:虎ノ門エリア 広大な再開発区域、相次ぐ超高層ビル建設、新駅の開発
Vol.6:東京・首都圏の道路整備「首都高」「環状2号線」「首都圏の交通インフラ」の再開発から目が離せない
Vol.7:六本木・赤坂エリア 既存拠点の強化とオリンピックに向け完成する再開発
Vol.8:銀座・日比谷・新橋エリア 完成済みの「GINZA SIX」や現在進行中の再開発とは
Vol.9:大崎駅周辺・西品川エリア 副都心として発展を続ける「まちづくり」のモデルケース
Vol.10:武蔵小山エリア タワーマンション建設と道路整備で注目!城南エリアの新拠点
Vol.11:築地エリア 小池都知事本丸「築地再開発検討会議」からのまちづくり動向
Vol.12:池袋エリア 副都心として多様性と発展性を備え、世界に開かれた一大ターミナル
Vol.13:東新宿・歌舞伎町エリア 訪日客を想定した世界的エンターテインメントの拠点整備と再開発
Vol.14:麻布十番エリア 地下鉄の開通・駅の誕生が街にもたらした新たな魅力と発展性
Vol.15:渋谷エリア 2018年再開発動向「渋谷ストリーム、渋谷ブリッジ、渋谷フクラス、渋谷スクランブルスクエア」
Vol.16:高輪ゲートウェイ新駅エリア「品川開発プロジェクト」からイメージする新国際都市
Vol.17:白金高輪エリア 地域に根ざした街の再開発、新駅「高輪ゲートウェイ」との相乗効果
Vol.18:下北沢エリア 小田急線の地下化、駅のリニューアル、カルチャーも守る住民参加型の再開発
Vol.19:湾岸エリアその2 環状2号線、東京BRT、「HARUMI FLAG」 東京オリンピック・パラリンピック後も進化し続ける
Vol.20:東京の国際競争力向上を占う「羽田空港アクセス線構想」「新空港線(蒲蒲線)計画」とは
Vol.22:浜松町エリア 世界貿易センタービル建て替えなど国際拠点性を強化する大規模再開発プロジェクト
Vol.23:竹芝エリア 浜松町駅東側に広がる再開発群、国際競争性の高い観光・産業拠点へ

NEXT 浜松町エリア 世界貿易センタービル建て替えなど国際拠点性を強化する大規模再開発プロジェクト
PREV 東京の国際競争力向上を占う「羽田空港アクセス線構想」「新空港線(蒲蒲線)計画」とは