都心の再開発
2018/04/16

進む東京都心の再開発(7)

六本木・赤坂エリア 既存拠点の強化とオリンピックに向け完成する再開発

(写真=Tupungato/Shutterstock.com)
(写真=Tupungato/Shutterstock.com)
都心のなかでもとくに“ブランド力”のある場所といえば、やはり「六本木・赤坂エリア」ではないでしょうか。このエリアは2000年以降、「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」という2大ランドマークが誕生し日本国内では他の追随を許さない人気を誇っています。また、日本だけではなく海外からも注目されているエリアといえるでしょう。

このように魅力的な六本木・赤坂エリアですが、実は、2020年の東京オリンピックを前にさらなる発展を遂げようとしているだけでなく、東京オリンピック後の再開発も控えています。そこで、今回は都心としての機能をさらに高めようとしている六本木・赤坂エリアの再開発を紹介します。同エリアの未来や発展性、あるいは将来性についてもぜひイメージしてみましょう。

▼目次

  1. 六本木・赤坂エリアの魅力と将来性
  2. 既存の拠点が領域を広げ、都市機能がさらに強化された
  3. オリンピック後を見据え、これから完成する再開発
  4. 周辺エリアの再開発との相乗効果も期待できる立地

六本木・赤坂エリアの魅力と将来性

六本木・赤坂エリアは東京23区のほぼ中心に位置しています。立地の優位性からも、多種多様な分野において多くの人を集める一大拠点へと発展しました。高層ビルが立ち並ぶビジネスの中心地としての側面もありながら、永田町に近く政界関係者が行き交います。また、テレビ局や芸能事務所があるため芸能関係者も多く訪れる街となっています。

2大ランドマークである「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」に加え「赤坂サカス」などの大規模商業施設や多数の飲食店もあることから、国内外を問わず多くの観光客を集めています。上品な雰囲気とラグジュアリーな体験ができるため、外国人の富裕層にも好まれているエリアといえるでしょう。

このような特徴がある六本木・赤坂エリアは、2011年に国際戦略総合特別区域として指定された「アジアヘッドクォーター特区」のエリアに含まれています。そのため、将来的な発展性を考慮しても、経済の中枢および観光拠点として位置づけられていると考えて良いでしょう。

既存の拠点が領域を広げ、都市機能がさらに強化された

六本木・赤坂エリアでは、2020年のオリンピックを見据え、数年ほど前から再開発の動きが加速しています。そこで、注目すべき完成済みの大規模再開発を2つ紹介します。

・泉ガーデンの拡張

まず一つ目は、「泉ガーデン」の拡張です。2016年、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅直結の「泉ガーデンタワー」から道路を挟んで西側、約2.7ヘクタールの敷地に「六本木グランドタワー」が完成しました。これにより、泉ガーデンの敷地とあわせて約6ヘクタールの街を形成することとなりました。

六本木グランドタワーは、テレビ東京などが入居するオフィス棟「住友不動産六本木グランドタワー(地上43階・地下2階)」と、住居棟である「六本木グランドタワーレジデンス(地上27階・地下2階)」の2棟から構成されています。またオフィス棟は、六本木一丁目駅に直結しており、交通利便性の高い建物となっています。

泉ガーデンタワーの敷地内には、オフィスビルをはじめ、イベントホールや貸会議室、ホテル、住居、レストラン、ショップ、美術館などが揃っています。六本木グランドタワーの完成により、これら泉ガーデン内の既存施設は今まで以上に活用されることが予想されます。

・赤坂インターシティの拡張

二つ目は、「赤坂インターシティ」の拡張です。アメリカ合衆国大使館の隣接地に「赤坂インターシティ」が建設されたのは2005年のことですが、時を経て2017年8月、赤坂インターシティ北側の敷地に「赤坂インターシティAIR」が竣工。2017年9月にオープンとなりました。

赤坂インターシティAIRは地上38階、高さ205メートルの超高層ビルで、東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅に直結しています。オフィスやコンファレンスだけでなく、洗練されたショップやレストランなどがあり、流行の発信地としても注目されています。

さらには、環状2号線・虎ノ門方面に抜ける「アメリカ大使館前通り」を、大規模な緑道空間として整備する「赤坂・虎ノ門緑道構想」などもあり、さらなる発展性が期待されています。

オリンピック後を見据え、これから完成する再開発

直近で完成した再開発としては、三井不動産が手がける「パークコート赤坂檜町ザ タワー」が2018年2月に竣工しました。東京ミッドタウンに近い「檜町公園」を庭とするようなステイタスあふれる立地の超高層タワーマンションとして富裕層を中心に注目を浴びています。

また、東京オリンピック後に完成予定の再開発としては、「(仮称)赤坂二丁目プロジェクト」があります。森トラストが手がける再開発で2017年12月に整備方針が決定しました。

このプロジェクトでは、地上43階・地下3階、高さ約210mの超高層ビルを建設する計画です。また、中身としては、オフィスやホテル、サービスアパートメント、商業施設等が予定されています。スケジュールとしては、2019年度着工、2024年度完成を目指しています。

さらに、六本木ヒルズの東側一帯、六本木と麻布十番の中間に位置する「六本木五丁目西地区」でも再開発構想があります。森ビル、住友不動産が事業構想を練っていて、六本木ヒルズのような大規模施設「第二六本木ヒルズ」が建設されるのではないかといわれています。まだ具体的な計画内容は不明ですが、実現すれば六本木エリアの価値はよりいっそう高まっていくことでしょう。

※2019年8月29日追記:最近の報道では、森ビルが手掛ける「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」を「第二六本木ヒルズ」と称しているケースも見受けられます。

周辺エリアの再開発との相乗効果も期待できる立地

このように、六本木・赤坂エリアは現状維持にとどまらず、さまざまな再開発が行われています。日本だけでなく世界的にも恵まれた立地の優位性を生かし、東京オリンピック後を見据えたさらなる発展が期待されます。

また、多くのビックプロジェクトを抱える虎ノ門エリアと近接し、「100年に一度の再開発」として注目される渋谷エリアと六本木通りや青山通りで繋がっているなど、大規模再開発が進む周辺エリアとの相乗効果も期待できるでしょう。今後も資産価値を維持・向上させていくエリアとして、目が離せないのではないでしょうか。

▲目次にもどる

不動産投資に欠かせない知識満載のeBookプレゼント

【進む東京都心の再開発】
Vol.1:品川エリア「田町駅~品川駅間の新駅開発」と「品川駅前の再開発」
Vol.2:湾岸エリア 東京オリンピックの中心地として進化を遂げるための再開発
Vol.3:渋谷駅周辺エリア 新たなエンタテイメントシティを目指して大規模に生まれ変わる渋谷駅周辺の再開発
Vol.4-1:東京駅周辺エリア(前編)東京駅西側・丸の内口の再開発
Vol.4-2:東京駅周辺エリア(後編)東京駅東側・八重洲口の再開発
Vol.5:虎ノ門エリア 広大な再開発区域、相次ぐ超高層ビル建設、新駅の開発
Vol.6:東京・首都圏の道路整備「首都高」「環状2号線」「首都圏の交通インフラ」の再開発から目が離せない
Vol.8:銀座・日比谷・新橋エリア 完成済みの「GINZA SIX」や現在進行中の再開発とは
Vol.9:大崎駅周辺・西品川エリア 副都心として発展を続ける「まちづくり」のモデルケース
Vol.10:武蔵小山エリア タワーマンション建設と道路整備で注目!城南エリアの新拠点
Vol.11:築地エリア 小池都知事本丸「築地再開発検討会議」からのまちづくり動向
Vol.12:池袋エリア 副都心として多様性と発展性を備え、世界に開かれた一大ターミナル
Vol.13:東新宿・歌舞伎町エリア 訪日客を想定した世界的エンターテインメントの拠点整備と再開発
Vol.14:麻布十番エリア 地下鉄の開通・駅の誕生が街にもたらした新たな魅力と発展性
Vol.15:渋谷エリア 2018年再開発動向「渋谷ストリーム、渋谷ブリッジ、渋谷フクラス、渋谷スクランブルスクエア」
Vol.16:高輪ゲートウェイ新駅エリア「品川開発プロジェクト」からイメージする新国際都市
Vol.17:白金高輪エリア 地域に根ざした街の再開発、新駅「高輪ゲートウェイ」との相乗効果
Vol.18:下北沢エリア 小田急線の地下化、駅のリニューアル、カルチャーも守る住民参加型の再開発
Vol.19:湾岸エリアその2 環状2号線、東京BRT、「HARUMI FLAG」 東京オリンピック・パラリンピック後も進化し続ける
Vol.20:東京の国際競争力向上を占う「羽田空港アクセス線構想」「新空港線(蒲蒲線)計画」とは
Vol.21:原宿エリア JR原宿駅改良工事と大規模建て替え再開発プロジェクト
Vol.22:浜松町エリア 世界貿易センタービル建て替えなど国際拠点性を強化する大規模再開発プロジェクト
Vol.23:竹芝エリア 浜松町駅東側に広がる再開発群、国際競争性の高い観光・産業拠点へ
NEXT 銀座・日比谷・新橋エリア 完成済みの「GINZA SIX」や現在進行中の再開発とは
PREV 東京・首都圏の道路整備「首都高」「環状2号線」「首都圏の交通インフラ」の再開発から目が離せない

関連記事