資産運用
2018/04/04

「人生100年時代」に考える!30代女性のライフプランと投資戦略

(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)
(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)
政府主導の「一億総活躍社会」を背景に、これから先、老若男女が幅広く活躍できる社会の到来が期待されています。とくに女性や高齢者の潜在的な可能性は大きく、今後の日本においては、両者の活躍次第でさらに成長が期待できるかもしれません。

一方で、課題もあります。日本銀行が2017年に発表した「資金循環の日米欧比較」によると、日本の家計金融資産構成は現金・預金が51.5%なのに対し、投資信託が5.4%、株式等は10.0%となっています。これらの数値を見てもわかるように、日本人は未だ投資に積極的であるとは言えません。

事実、米国(現金・預金:13.4%、投資信託:11.0%、株式等:35.8%)や欧州(現金・預金:33.2%、投資信託:9.2%、株式等:18.2%、)の資産状況と比較してみると、その差は歴然です。今後、日本全体で一億総活躍社会を実現するためには、個々人が自らの資産を運用し、お金を投資に向けていく必要があるでしょう。

なかでも、今後ますます活躍が期待される女性にとって、30代は今後のライフプランを決定づける重要な時期です。結婚や出産といったライフイベントや、大きなプロジェクトを任されるなど、人生の岐路に立たされることもあるでしょう。様々な状況のなかでお金に対する考え方も明確になり、貯蓄だけではなく投資によって将来へ向けた資産づくりを始める方が、30代の女性には多いようです。

では、30代の女性がするべき投資にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

30代の女性は積極的に資産運用をはじめよう


投資と聞いてまずイメージしやすいのは、株式投資や投資信託ではないでしょうか。株式投資とは、企業が発行している株式に投資することによって、株価が上昇した場合の売却益(キャピタルゲイン)を得たり、あるいは配当(インカムゲイン)を得たりする投資法のことです。成長力のある企業に投資すれば、資産が大きく増えることも夢ではありません。

一方、投資信託は、投資家から多くの資金を集めて、それをファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が債券や株を投資・運用する金融商品です。投資信託の投資対象に含まれるものはさまざまあり、国内株式はもちろん外国株式、債券や不動産投資信託(REIT)などもあり、バランスよく投資できるのが魅力です。ただ、ものによっては手数料や信託報酬が高額なこともあるため、あらかじめ注意が必要です。

現物資産を保有することによって安定的に資産を運用したいのであれば、マンション経営を検討してみるとよいでしょう。マンション経営は金融機関からの融資を利用することができます。都心部の物件など、条件によってはフルローンを利用できるケースもあるため、多額の自己資金を投下することなく始めることができます。元手が少なくても始められますし、がんばって貯金してきた方でも貯蓄額を大きく減らす必要がありません。現物資産を保有できるという点では、女性にとっても安心材料になるはずです。

理想的な30代女性のライフプランとは


実際に資産運用をはじめるには、将来のライフプランを考慮しておく必要があります。近年、女性のライフプランも大きくその姿を変えつつあります。家庭に入ることなく仕事を続ける方もいれば、出産を経て第二のキャリア形成に邁進するという未来もあるでしょう。いずれにしても、個々人が描くライフプランから資産形成をするのが得策です。

ライフプランには絶対的な正解があるわけではありません。一人ひとりが自ら将来について考え、もっとも望ましい形を導き出す必要があります。資産運用に関しても、向いているものもあればそうでないものもあるはずです。食わず嫌いをするのではなく、いろいろなことを学んだうえで、幅広く着手してみるといいでしょう。

その際に重要となるのは、長期的な視点です。30代は仕事をバリバリできる時期であるとともに、将来に対する見通しがつきやすくなる時期でもあります。短期的な収益を重視するのではなく、中長期的な視点をもって資産形成をすれば、自分が本当にやりたいことに集中することも可能となるでしょう。その点においても、マンション経営はおすすめなのです。

変わりゆく時代を見越して100年時代を有意義に


人生が100年だとした場合、30代の女性にとってみれば、まだ折り返し地点にも到達していません。残りの人生は実に70年もあります。その中で、キャリアが変遷していくこともあれば、生活が大きく変わることもあるでしょう。ただ、どうしたってお金は必要です。長い目で考えて、お金を生み出す資産への投資を検討してみてはいかがでしょうか。
 

【オススメ記事】
将来のお金は自ら稼ぐ!30代・40代の女性がやるべき投資の極意
30代からはじめよう!日本人に最適な投資の特徴
話題のレンタルスペースビジネスとは!?
アメリカ不動産投資のメリットと特徴・注意点
資産運用のための資金作り5選 お金が貯まる人の習慣とは?

PREV 自分の資産は平均より上or下?金融資産から考える30代の資産状況
NEXT やっぱり元本保証がいい?手堅い資産運用とは

関連記事