賢く節税。ふるさと納税の仕組み

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
平成21年度に導入されたふるさと納税は来年で10年目を迎えます。すでに累計100万人を超える人たちが利用しており広く認知された制度になっていますが、その内容を正確に理解している人はあまり多くないのではないでしょうか。この制度は地域貢献と節税を同時に行うことができるものであり、大いに活用する余地があります。

ふるさと納税とは地方自治体への寄附金

ふるさと納税とは、都道府県・市区町村に対する寄附金のことです。納税という言葉を使っていますが、所得税、住民税、固定資産税とは異なり、納税義務者はいません。あくまで任意に寄附するものです。

ふるさとの定義はないため、生まれ故郷や親の出身地など何らかの縁のある地方自治体でなくても寄附できます。

寄附金は所得税・住民税から控除できるため節税効果もあります。平成21年度から26年度までの寄附金累計額は1,126億円ですが、それに対し373億円の控除が行われています。

寄附金控除を受けるためには、公益財団法人や社会福祉法人などへ寄附した場合と同様に確定申告を行う必要があります。ただし、確定申告を要さない給与所得者等は、「ワンストップ納税制度」を利用できます。これはふるさと納税先の地方自治体へ申請することにより寄附金控除をワンストップで受けられる仕組みで、納税先数が4地方自治体以下であれば利用可能です。

ふるさと納税の賢い活用方法

ふるさと納税制度は寄附金額に応じた返礼品の提供とセットで運営されています。各地方自治体は5千円、1万円、3万円などの寄附金区分ごとに複数の返礼品を用意しており、ほとんどの人が寄附時に希望する返礼品を申し込みます。

2017年4月の総務省通達により返礼品の上限額は寄附金額の3割程度に抑えられることになりましたが、それでも寄附金控除を活用すればさまざまな品物を安く手に入れられます。例えば、3万円のふるさと納税を行った際に上限の2万8千円の控除を受けられれば、実質2千円で1万円程度の返礼品を入手することが可能です。

ふるさと納税と返礼品の申込みは各地方自治体宛に直接行うだけでなく、ふるさと納税専門の民間サイトを経由することも可能です。こうしたサイトを活用すれば全国の返礼品を容易に比較できます。

実質2千円で返礼品を受け取る方法

寄附金控除を上手に活用すれば、実質2千円で多くの返礼品を受け取れます。例えば年収7百万円の給与所得者(夫婦子なしの場合で所得税の限界税率は20%)が3万円のふるさと納税を行った場合は、以下の計算により2万8千円の税額控除を受けられます。

(所得税・住民税控除額の計算例)

適用下限:    2,000円
所得税軽減額:    5,600円=(30,000円-2,000円)×20%(限界税率)
住民税/基本分:    2,800円=(30,000円-2,000円)×10%(住民税率)
住民税/特例分:    19,600円=(30,000円-2,000円) ×(100%-10%-20%)
合計:    30,000円

控除対象となる寄附金額には限度があります。所得税が総所得金額等の40%、個人住民税/基本分は総所得金額等の30%、住民税/特例分の軽減額は所得割額の20%が限度となります。

つまり実質2千円で返礼品を受け取れる寄附金上限額(返礼品の合計額)は、所得水準により変動します。

そうした中で総務省は、給与所得者に関する寄附金上限額の目安を一覧表にまとめ公表しています。例えば独身または共働きで給与所得が5百万円であれば6万1千円、夫婦と高校生の子ども1人で給与所得が7百万円であれば7万8千円が上限額となります。

ふるさと納税は地域貢献につながる政府公認の節税手段です。返礼品を楽しみにしながら効果的な節税を行いましょう。

 

【オススメ記事】
所得の高い人ほど効果大!不動産投資が節税になる仕組み
不動産が相続税対策に有効な理由
知る人ぞ知るマル秘技!マンション経営における節税の仕組みとは
きちんと把握しておこう!不動産投資で経費になる項目とは
不動産投資で発生する税金あれこれ

PREV 不動産投資で発生する税金あれこれ
NEXT 初めての確定申告。事前に知っておくべき事項とは

関連記事