サラリーマンが不動産投資に使っている時間。本当のところは?

(写真=Rakopton TanyakamLPN_Shutterstock.com)
(写真=Rakopton TanyakamLPN_Shutterstock.com)

不動産投資は、サラリーマンにとって会社勤めをしながらできる、とても手離れのいい投資ですが、初心者がはじめるには難しいのではと思う方もいるのではないでしょうか。興味はあっても、本業が忙しくて先延ばしになっている人も多いでしょう。

不動産投資は、口座を開設すれば少額の資金で取引できる株式投資やFXとは違い、金融機関から数百万円、数千万円の融資を受けて行う取引のため、慎重にならざるを得ないのは確かです。しかし、株式投資はいざ始めてみると、普段から値動きをチェックし、情報収集をし、自分で売買をしなければなりません。

それに対し、不動産投資は管理会社任せにできるメリットもあります。では、実際に不動産投資を始める際や始めた後に、どのような作業があり、どれくらいの時間がかかるものなのでしょうか。

ここでは、不動産投資を始めるのに掛かる準備期間や作業工程、そして信頼できる不動産会社を選ぶことの重要性について解説していきます。

(本記事は2017/10/10配信のものを2020/06/21に更新しております)

▼目次

  1. 不動産投資を始めるのに必要な準備期間
  2. 信頼できる不動産会社を探すポイントとは
  3. 購入後は管理会社が全てやってくれる

1. 不動産投資を始めるのに必要な準備期間

不動産購入までの流れは一般的に、

資料請求→業者の選択→業者と商談→現地確認・物件見学(遠方の場合はしないこともある)→売主と契約→金融機関と契約→受け渡し

という流れになります。

その間に、金融機関に提出する公的書類などを取り寄せる作業が入ります。契約前には業者や金融機関との面談にそれぞれ数時間かかります。そういったことをトータルすると、調べるのに数時間、面談などで数時間、役所に行くのに半日、受け渡しまで1ヵ月くらいになります。

もし物件を見るために遠方から移動するのであれば、土日の休日を利用することになるでしょうから、その期間を足すと2ヵ月近くはかかることになります。

2. 信頼できる不動産会社を探すポイントとは

2-1. 不動産投資は不動産会社と二人三脚で進めるもの

株式投資やFXなどは自分だけで状況を判断し売買をしなければなりませんが、不動産投資の場合は不動産会社や金融機関が介在し、相談にのってくれたりアドバイスをしてくれたりします。いわば二人三脚ですすめていく取引だといっていいでしょう。

2-2. 長期的な良い関係を築ける不動産会社を選ぼう

そのような特徴を持つ投資ですから、まずは物件選びから購入まで長く良い関係を築いていける不動産会社を選ぶことが重要です。不動産会社と物件さえ決まれば、あとは不動産会社主導で取引は進んでいきます。株式取引のように銘柄を決めたり、値動きを見て売買に頭を悩ませたりする必要はありません。それだけ不動産会社は強い味方になります。業歴や経営基盤、自社物件や管理物件がどのくらいあるかといった点が判断材料となるでしょう。また担当者の人柄や能力も大事です。

2-3. 購入後の賃貸管理会社をどこにするかが重要

さらに重要なのは、購入後の賃貸管理会社選びです。不動産投資は購入が準備であり、購入後からスタートです。購入後の賃貸管理は、「入居者の募集」「賃料の管理」「入居中の対応」「退去時の管理」と多岐にわたりますが、忙しいサラリーマンの方はこれらを賃貸管理会社に任せると安心です。

購入してから自分で信頼できる管理会社を探すとなるとかなりの労力が必要ですが、物件を販売している不動産会社が賃貸管理を行っていることが多く、そのような場合は購入と同時に管理をすべて任せることが可能です。

2-4. 賃貸管理会社選びのポイント

賃貸管理会社選びのポイントとしては、

  • 賃貸管理手数料がいくらなのか
  • 賃貸管理サポート内容がどのくらい充実しているか

を基準に選ぶと良いでしょう。

また、賃貸管理手数料が賃貸管理サポートに対して高額すぎないか?逆に安すぎないか?というバランスの面にも気をつけましょう。(目先のわずかな賃貸管理手数料の違いで任せたばかりに後で大きな損失となってしまうこともあります。)

賃貸管理会社選びは「目先で考えず」長期的視点で考え、購入後の賃貸管理に対してどのように取り組んでいる会社なのか見極めることが大切です。経営基盤を販売だけに頼り、賃貸管理にはあまり力を入れていない不動産会社に何となく賃貸管理を任せてしまうことがないよう気をつけましょう。

3. 購入後は管理会社が全てやってくれる

株式取引は簡単に始められますが、始めた後は常に情報収集や売買の判断が必要となります。時には1日中パソコンに張り付かなければいけない日もあるでしょう。

それに対し不動産投資は、購入するまで時間がかかりますが、購入後は、賃借人の募集や連絡、家賃の回収、修理などの実務は賃貸管理会社に任せられますので、サラリーマンの方などこそ自分の本業に支障をきたすことは少ないといえます。

そこの忙しいあなたも一度重い腰を上げてみてはいかがでしょうか。

▲目次にもどる

eBook5冊同時ダウンロード

【2020年5月度人気記事ランキングTOP7】

NEXT 「不動産投資の自己資金」ワンルームマンションならいくら必要か?
PREV 不動産投資の安定した“利益を生み出しやすい”仕組みとは何か?

関連記事