マンション投資の基本
2018/06/27

初心者でも“罠“にはまらないために知っておきたい不動産投資のリスク4選

(写真=Ditty_about_summer/Shutterstock.com)
(写真=Ditty_about_summer/Shutterstock.com)
金融機関から融資を受けて行う不動産投資は、あらかじめスキームが確立されています。関連する業者もたくさんいるため、初心者でも無理なくはじめることができます。事実、本職を持ちながら不動産投資に着手しているサラリーマン投資家は少なくありません。

ただ一方で、初心者でもできるからこそ、不動産投資の“ワナ”にはまってしまう人も存在します。ここでいう不動産のワナとはつまり、不動産投資に潜むリスクのことです。あらかじめ、どのようなリスクがあるのかを理解せずに投資するのは危険です。

不動産投資にはどのようなリスクがあるのでしょうか。これから不動産投資をはじめようと考えている方はもちろん、すでに不動産投資を実践している方も理解しておきたい、“不動産投資のリスク”について詳しく見ていきましょう。

初心者が知っておきたい不動産投資のリスク

不動産投資のリスクはさまざま考えられますが、特に初心者が失敗しないために知っておきたい不動産投資のリスクには、次の4つがあります。

1. 空室リスク

不動産投資において最も恐れるリスクは「空室」でしょう。どんなに想定される利回りが高い物件であったとしても、空室になってしまえば家賃収入は得られません。その点、どのくらいの入居稼働率(もしくは空室率)や空室期間があるのかについては、あらかじめきちんと想定しておく必要があります。

例えば、地方や郊外にある物件は、表面利回りが高い傾向にあります。それは裏を返せば、入居稼働率が低く空室期間が長引く可能性、つまり空室リスクが高い可能性を示唆しています。特に、近隣の大学に通う学生や企業に勤める方がメインターゲットで他の賃貸需要が少ない場合には、移転などによる状況の変化も考慮しておいた方がいいでしょう。その点、都心部では賃貸需要は安定しています。そのため入居稼働率が高く、空室期間も短くなる傾向が見られます。

また、現在の入居稼働率や空室期間はもちろんのこと、将来的な視点でも考えることが大切です。例えば東京都(特に東京23区)では、現在も人口が増加し続けていて、今後も単身者を中心に人口が増加すると予測されています。そのため都心の物件、なかでも単身者向けのワンルームマンションであれば、未婚の会社員、学生、外国籍の方など多様な入居者が想定されることから、現在だけでなく将来的にも安定した賃貸需要が期待できると言えます。

【参考記事】
地方や郊外のアパート・マンション経営は大丈夫?注意点・リスクのまとめ
郊外の大学が続々と都心回帰。都心の賃貸マーケットに与える影響とは 

2. 家賃変動リスク

「家賃変動リスク」についても考慮しておきましょう。家賃というものは、物件の経年によって低下していく可能性があります。特に新築物件は“新築プレミアム”といわれているように、購入当初の入居者が退去した後、同じ家賃では次の入居者がつかない恐れもあるのです。

また、家賃は需要と供給の関係によっても変動します。入居稼働率が低く空室期間が長ければ、家賃は低下する傾向にあります。エリアから考えると、地方や郊外の物件が乱立しているエリアでは将来、家賃の値下げ競争となり、下げざるを得ない状況にまで追い込まれてしまう可能性も否定できません。逆に、入居稼働率が高く空室期間が短ければ、家賃は低下しづらくなり、場合によっては家賃上昇の可能性もあります。その点、都心では、単身者を中心に将来にわたり安定した賃貸需要が期待できることに加え、投資用マンションの供給が少ない状況があります。

ここで、都心の需要と供給を見てみましょう。需要面では、投資用マンションのメインターゲットである単身世帯数が参考になります。東京都の統計と予測によると、東京23区の単身世帯数は予測を上回って増加し、2015年では約242万4,000人となっています。さらに、2035年の予測値では247万5,000人(※2014年時点予測)と、実に全世帯数の50.2%を占めることが予測されています。

一方で供給面では、首都圏で見ても投資用マンションのストック数が約29万6,000戸(※2016年時点の中古ワンルームマンション、東京カンテイ調べ)であることに加え、東京23区の新築投資用マンションの供給戸数が2008年以降は年間5,000戸前後で推移しています(※不動産経済研究所のデータを参考)。新築投資用マンションの供給が少ない要因として、2000年代から東京23区それぞれの条例によって「ワンルーム規制」が強化されたことや、都心のマンション用地の価格が高騰していることが考えられ、供給が少ない状況はこの先も続くと予想されます。

以上見てきたように、都心のように将来的に需要が期待でき、かつ供給も少ないと見通されるエリアを選ぶことで、家賃変動リスクに対する心配を減らして不動産投資を始められるのです。

3. 物件自体のリスク

物件によっては、「建物」そのものにリスクが潜んでいる場合もあります。注意したいのは、修繕や設備交換、入居者退室時のリフォーム(原状回復)といった建物のメンテナンス面です。特に築年数の古い中古物件の場合、あらかじめ修繕費用を見込んでおかないと、思わぬ出費に苦しめられる可能性もあります。

また、区分マンションなのか一棟物件なのかによってもリスクが異なります。区分マンションであれば、共用部分の日常的な維持管理、建物全体の定期的な大規模修繕など、共用部分のことは管理組合が主体となって計画・実施します。その一方、一棟マンションやアパートは、共用部分や建物全体に関することの責任を全て一人で負わなくてはなりません。

特に、屋根や外壁といった共用部分の大規模修繕には多額の費用が必要になるため、自ら計画的な積み立てをしておく必要があります。この点は大きな負担となる可能性があり、初心者や本業を持つ方が注意しておきたいリスクと言えます。

【参考記事】
区分投資と一棟投資。それぞれのメリット・デメリットとは

4. 不動産会社リスク

不動産業界全体として考えると、「不動産会社」のリスクも考慮しておかなければなりません。不動産会社の中には、顧客の利益ではなく、自社の利益を最優先にしているところもあります。そのような会社からのしつこい営業や強引な勧誘、おとり広告などには注意しましょう。また、不動産に関して詐欺や詐欺まがいの事件も発生しています。このような不動産会社と関わらないようにするため、不動産会社を見極め、選ぶというスタンスが求められます。

そこで大切なのは、購入時だけでなく購入した後も安心して任せられるかということです。購入した後の賃貸管理業務は入居者募集をはじめ、毎月の家賃回収、入居中の対応、退去時の手続きなど多岐にわたります。これらを自分だけで行うのは困難なことから、初心者や本業を持つ方は賃貸管理会社に任せることがほとんどです。

なかでも、入居者募集は家賃収入に直結する重要な業務です。それにもかかわらず、物件を販売した不動産会社だからという理由だけで賃貸管理を任せてしまうケースも見受けられます。不動産会社を選ぶときには入居者を確保する力があることを第一条件とし、多岐にわたる業務全般を強力にサポートしてくれる会社を選ぶと良いでしょう。

【参考記事】
選んではいけない不動産会社とは?選ぶべき不動産会社とは? 
自己責任では済まされない!複雑化するマンション経営の詐欺 

初心者でも成功する秘策は、「失敗しない」ポイントをしっかり把握すること

以上、初心者が失敗しないために知っておきたい4つのリスクをご紹介しました。これらは不動産投資の成功と失敗に大きく関わりますので、特に注意しておきましょう。

なお、「災害リスク」や「金利上昇リスク」など、他にも不動産投資のリスクはさまざま考えられます。しかし、リスクを必要以上に心配することはありません。不動産投資の初心者であっても、あらかじめリスクについてきちんと認識しておけば、失敗する可能性を減らすことができます。それぞれのリスクを踏まえ、できるだけリスクを減らす努力をするように心がけましょう。

【災害リスクに関する記事はこちら】
不動産投資のリスク③ 火災/地震リスクの対応方法
リスク対策の王道!不動産投資における「地震保険」の重要性とは

【金利上昇リスクに関する記事はこちら】
不動産投資のリスク② 金利上昇リスクの対応方法
不動産投資における融資「期間」の重要性
(金利はもちろん重要だが、もっと重要なのは融資期間)


特に、不動産投資に成功するポイントだけでなく、失敗するポイントについてチェックしておくといいでしょう。失敗するポイントに注意して取り組むことで、無理のない投資が実行できます。ぜひ、失敗しないことを意識して行動しましょう。

【オススメ記事】
初心者におすすめの区分マンション投資の注意点
不動産投資における融資「期間」の重要性
不動産投資の落とし穴!資産運用としてのマンション投資は“リスク”に注意
これだけは知っておこう!「生命保険」と「不動産投資」の比較
地方や郊外のアパート・マンション経営は大丈夫?注意点・リスクのまとめ
PREV 成功者は知っている!不動産投資における「行動」の重要性
NEXT 購入した後に困らない投資用マンションの特徴とは?不動産投資の基本スキーム

関連記事