成功者は知っている!不動産投資における「行動」の重要性

(写真=OWN23/Shutterstock.com)
(写真=OWN23/Shutterstock.com)

不動産投資は“誰にでもチャンスがある”投資です。正しい方法論を身につけて、着実に実践していくことによって、不動産投資を成功させることは可能です。さらに、他の投資と比較して、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」といわれています。

ミドルリスク・ミドルリターンとはつまり、空室リスクや家賃変動リスクなど一定のリスクを加味しつつ、家賃収入という「インカムゲイン」というリターンを安定的に得られることです。加えて、物件の売却益という「キャピタルゲイン」も得られる投資です。

ただし、不動産投資で成功するためには、行動力が重要になります。行動をしなければ、正しい情報を入手することも、実際に物件を購入することもできません。そこで今回は、不動産投資に欠かせない“行動の重要性”について詳しく見ていきましょう。

(本記事は2018/06/29配信のものを2020/02/18に更新しております)

▼目次

  1. 不動産投資を成功させるには「行動」が不可欠
  2. 「リスク」と「リスクヘッジ」
  3. 知識はあるけど行動できていない人の特徴
  4. 不動産投資は行動しない限り成功できない

1. 不動産投資を成功させるには「行動」が不可欠

不動産投資は、物件を購入してからがスタートです。いつまでたっても物件を購入できない人は、不動産投資家としての第一歩を踏み出すことができないままでしょう。それは不動産投資の最も根幹な部分であるものの、そういった人が少なくないのも事実です。

では、なぜ物件を購入することができないのでしょうか。それは、不動産投資のリスクを正しく理解しておらず、そのために投資を始めることを尻込みしているからと考えられます。あらかじめリスクについて理解を深めておきましょう。

2. 「リスク」と「リスクヘッジ」

2-1. 「リスク」とは

そもそも「リスク」という言葉の意味は、一般的には「行動すること(あるいは行動しないこと)により、危険に遭う可能性や損をする可能性」のことですが、経済や金融、投資の分野においてリスクとは「不確実性」を意味します。つまり、リスクがあるということは、成功するか失敗するか確実でないということです。

2-2. 不動産投資で想定されるリスクの種類

不動産投資の場合、想定されるリスクは限られています。代表的なものに以下の4つがあります。

  • 空室リスク
  • 家賃下落リスク
  • 物件そのもののリスク
  • 震災リスクなど

がありますが、それらのリスクについて理解しておけば、投資を恐れる必要はありません。

2-3. 「リスクヘッジ」ができていれば後は行動あるのみ

それぞれのリスクに対して、以下のように

  • 空室になった場合に入居者を確保できるか?
  • 家賃が下がりにくい立地か?
  • 物件そのもののリスクはないか?
  • 地震や火災に強い物件は何か?震災があった場合の保険はどうするか?など

一つ一つ対策を立てていけば、投資のリスクはグッと低くなるでしょう。つまるところ、様々なリスクをあらかじめ想定した上で対処する「リスクヘッジ」という考えが不可欠なのです。

きちんとリスクヘッジをしていれば、初心者であろうがサラリーマンであろうが、不動産投資を始めることはそう難しくはありません。しっかりとロジックを組み立てて、抜けや漏れがないかを確認したら、あとは行動に移しましょう。そこで初めて、不動産投資家の仲間入りができるようになります。

3. 知識はあるけど行動できていない人の特徴

また、不動産投資に興味があり書籍やインターネットで情報や知識を得ていても、不動産会社への問い合わせやセミナーへの参加などには抵抗があり、なかなか行動に移せないという方も多いでしょう。特に、不動産投資に関する知識はあるにもかかわらず、行動できていない人には次のような特徴があります。

特徴1 - 書籍を読んだり、インターネットで情報を検索したりするだけで終わってしまう

近年、不動産投資ブームの影響から、数多くの不動産投資の関連書籍が出版されています。また、インターネット上には多くの情報が出回っており、検索して多くの情報を集めることができます。ただ、それらで勉強ばかりしていても、不動産投資に着手できるわけではありません。

特徴2 - インプットとインプットとアウトプットのバランスがとれていない

特に日本人に多いのは、インプットに偏ってしまう人です。勉強することは好きでも、それを実際に発揮することが苦手という人も多いのではないでしょうか。インプットばかりだと、思い込みで正しくない考えを持ってしまうことも多いものです。

一方で、不動産会社に問い合わせたり個別相談に足を運ぶなど行動する人は、自分の考えをアウトプットし、双方向のやりとりを行う中で認識の間違いを修正したり、知らなかった情報を取り入れたりして、知識を深めながら自分にあった方法を見つけるのです。

特徴3 - 不動産投資のリスクばかりが気になってしまう

すでに述べているように、リスクばかりが気になる原因は、それぞれのリスクについて対処法を考慮できていないためと考えられます。そのような場合、リスクを減らす方策を知り、リスクとリターンの関係性をあらためて考えてみるといいでしょう。

4. 不動産投資は行動しない限り成功できない

厳しいようではありますが、不動産投資は行動しなければ始まりません。どこかのタイミングで、思いきって着手する勇気をもちましょう。まずは、「何のために不動産投資をするのか」ということを強く意識し、自らの背中を押してみてはいかがでしょうか。

▲目次にもどる

不動産投資に欠かせない知識満載のeBookプレゼント

【2020年2月度人気記事トップ7】
・No.1:
自分は平均より上or下?金融資産から考える30代の資産状況
・No.2:不動産投資が節税になる仕組みとは?所得の高い人ほど効果大?!
・No.3:実は知らなきゃ損?!不動産取得時の土地と建物の割合の決め方
・No.4:リスクヘッジとリスクテイクの意味とは?不動産投資に潜む不確定要素への対処法
・No.5:節税対策には不動産投資も良いが“ふるさと納税”も合わせて使おう!
・No.6:副業での投資・資産運用は「確定申告」で会社にバレるのか?!
・No.7:意外と知らない区分所有の「専有部分」と「共用部分」の境目とは?

NEXT 融資で差がつく!不動産投資に欠かせない「信用情報」とは?!
PREV 定期借家契約は入居者対策に有効か?そのメリット・デメリット

関連記事