マンション投資の基本
2018/08/16

はじめる前に学ぶ!不動産投資で成功する人の「リスク回避思考」3つの視点

(写真=Pincasso/Shutterstock.com)
(写真=Pincasso/Shutterstock.com)
不動産投資を実践している人の中には、成功している人もいれば、失敗している人もいます。では、両者を分けるポイントはどこにあるのでしょうか。それはズバリ、不動産投資にまつわる“リスク”についての対処法にあると考えられます。リスクに対して適切に対応しているかどうかによって、不動産投資の成功と失敗が分けられることになるのです。

不動産投資に成功している人の多くは、不動産投資にまつわるリスクについてあらかじめ把握し、何があっても対処できるような準備を進めています。その点、顕在化しているリスクだけでなく、潜在的なリスクに対しても軽減できていることとなります。一方、不動産投資に失敗している人ほど、リスクに対して盲目的になっているケースが多いのです。

リスクを回避するためには、最低限の知識を取得しておくべし

「リスク」という言葉は、一般的には危険という意味合いで用いられることが多いと思われますが、投資においてリスクとは「不確実性」を意味します。つまり、リスクは時に大きな利益を生み出す要因になり得る一方、その裏には大きな損害を生み出す可能性も潜んでいるということです。

不動産投資は、将来に備える資産形成を目的として、家賃収入という「インカムゲイン」を堅実に蓄積していく投資方法です。したがって、不動産投資で成功するためには、大きな損害が出ないようリスクを回避し、確実性・安定性を高めることが大切だと言えます。

あらかじめリスクを回避するためには、不動産投資に関するリスクについて知ったうえで対処法を考えておく必要があります。どのようなリスクが想定されるのかを把握しておかなければ、トラブルを未然に防いだり、いざというときに対応したりすることができません。その点、不動産投資をはじめるにあたってまず行うべきことは、どのようなリスクがあるのかを知り、対策を講じておくことなのです。

例えば、不動産投資に関連するリスクとして空室リスクや家賃変動リスク、修繕・設備交換・入居者退室時のリフォーム(原状回復)に関するリスクなどが挙げられます。これらのリスクについて最低限の知識を習得しておけば、事前にどのような対策をとっておけばいいのかもわかるようになるでしょう。

また、リスクを知ることは、安心して任せられる賃貸管理会社を選ぶことにもつながります。なぜなら、任せる賃貸管理会社によって、所有した後のリスクにどこまで対応できるのかが異なっているためです。幅広いリスクに備えられるサポート内容を用意している賃貸管理会社に依頼すれば、初めての不動産投資でもリスクへの心配が軽減され、安心して本業に集中することができます。

成功している不動産オーナーの「リスク回避思考」3つの視点

では、成功している不動産オーナーはどのようなことを考えているのでしょうか。あらゆるリスクを回避するための考え方として、主に「数字」「ビジネスモデル」「人間力」の3つに重きを置いています。具体的には、次のような事項に着目しているのです。

・ 不動産投資に関連する「数字」について

まず、不動産投資において最も重要なのは「数字」です。投資用不動産を運用していくにあたって、きちんと利益が出るような物件を選ぶには、やはり数字を無視することはできません。不動産投資家には、正しいシミュレーションを行った上で、つねに数字を意識することが求められます。数字をチェックする癖を身につけておきましょう。

・ 不動産投資の「ビジネスモデル」について

次に、不動産投資の「ビジネスモデル」についても理解するようにしましょう。ビジネスモデルとはつまり、不動産投資がどのような収益構造によって利益を獲得できるのか、ということを熟知することです。とくに不動産投資においては、基本的に「家賃収入-(諸経費+税金)」がベースになります。そのベースを忘れないことが大切です。何よりも、利回りや節税といった「目先の利益」ばかりにとらわれず、将来にわたり安定した家賃収入を実現できるよう、長期的な視野に立ったビジネスモデルを意識することが大切です。

・ 投資を成功させるための「人間力」について

そして、つい忘れがちなのが「人間力」についてです。不動産投資は、ただお金が動くだけの投資ではありません。販売会社や金融機関、賃貸管理会社、あるいは入居者など、さまざまな人と関わりながら実践していくものです。その点、人間力が重要であることを認識していないと、不動産投資を行ううえで支障が出たり、収益に影響を及ぼしたりする可能性があります。それもまた、リスク回避に必要なことなのです。

蓄積した知識を行動に変えていこう

このように、成功している不動産投資家ほど、あらゆるリスクを想定したうえで行動しています。そしてその根底にあるのは、リスクを回避するために欠かせない考え方であり、その考え方を前提とした行動です。

まずは、不動産投資にまつわるリスクについて把握し、実際の行動に移していきましょう。その過程において、不動産投資を成功させるための知識も蓄積されていくはずです。行動と知識の習得をくり返しながら、少しずつ、リスク回避思考を身につけていきましょう。

>>『失敗しない物件の選び方とは?』のダウンロードはこちら
 

【オススメ記事】
「節税」「高利回り」で失敗した!陥りやすいマンション経営の落とし穴
地方や郊外のアパート・マンション経営は大丈夫?注意点・リスクのまとめ
高利回りでも要注意!ワンルームマンションに潜むリスクとは
初心者でも“罠“にはまらないために知っておきたい不動産投資のリスク4選
不動産投資の落とし穴!資産運用としてのマンション投資は“リスク”に注意

NEXT アパート施工不良問題で再注目の「インスペクション」とは?改正宅建業法で制度化、不動産投資にも関連
PREV “信用”で差がつく!不動産投資の融資に欠かせない「信用情報」とは

関連記事

タグ一覧

公式Twitterアカウント