タグ:物件選び

マンション投資の成功に欠かせないポイント「立地選びの考え方」

2019/05/13 不動産投資の基本

不動産投資を成功させるためのポイントには「金融機関の融資」や「優秀な賃貸管理会社選び」などがあります。これらと並んで欠かせないポイントが「立地選び(投資エリア選択)」です。膨大な情報から的確な立地の収益物件を探すには、どのような行動と思考が必要なのでしょうか?「立地選び」には大きく2つの方法がある「立地選び」の方法は投資家ごとにさまざまですが、代表的なのは次の 2つのパターンでしょう。 パター...

もっと読む »

不動産投資物件における構造別特徴とは

2019/03/13 不動産投資の基本

不動産投資を行う上で、得られる家賃収入を積み上げていくためには、物件の選択が一つのポイントとなります。物件を選択する前に行うべきことは、まず自分が将来どうなりたいのかをイメージすることです。これをおざなりにすると、どのような物件を購入すべきか決められません。例えば、副収入は欲しいが絶対に手間はかけたくない、手間をかける時間がない人もいるでしょう。また、ある程度時間はあるのでより多くの収入を得...

もっと読む »

1部屋目の投資用マンション購入時はとくに大事!空室リスクを回避する物件選び

2019/02/06 不動産投資の基本

マンション経営では当然ながら、「空室リスクの低い物件選び」が大切です。さらに、不動産投資をこれからはじめる方は、それを上回る「空室リスクを回避する物件選び」も重要になります。今回は、その理由と真の空室リスクを見極めるコツについて解説します。所有する部屋数が少ないほど、空室発生のダメージ大空室リスクを回避する物件とは、空室が発生しても「瞬間的に入居者が決まる」マンションです。具体的には、賃貸管...

もっと読む »

将来崩壊の中古マンション、安定経営を続ける中古マンション。その差はどこ?

2019/01/04 不動産投資の基本

マンション経営のセオリーとして「人口が安定している首都圏の物件を選ぶべき」という意見が一般的です。すでに日本は地方を中心に人口減少社会を迎えていますが、都心と一部の首都圏では現在も人口が増加していて、長期的に見ても人口が安定すると予測されています。だからといって、首都圏のすべての物件が投資に値するわけではありません。安定経営を実現する物件の条件を考えます。駅近、立地がよくて清潔&hellip...

もっと読む »

不動産投資の罠!?某有名地銀の不正融資問題を教訓にした実践するべきマンション投資

2018/11/22 不動産投資の基本

不動産投資関連に波紋を広げることとなった「かぼちゃの馬車」事件。不動産投資をすでに行っている方はもちろんのこと、これから着手しようと検討している方にとって、無視できないものとなりました。今後、不動産投資のあり方を見直すきっかけとなる、ひとつのターニング・ポイントになるかもしれません。今回の事件において、とくに着目しておくべきなのが"融資"についてです。マンション投資をはじ...

もっと読む »

立地,面積,築年数,設備,何を重視する?入居者目線でみるマンション投資の指標

2018/11/14 不動産投資の基本

マンション投資をする際の基準にはさまざまなものがあります。たとえば、「新築か中古か」「短期か長期か」などはその代表と言えるでしょう。新築物件と中古物件では、マンション投資に対するスタンスが大きく異なります。それぞれを同じように扱うことはできません。また、短期か長期かについても同様で、その後の流れは大きく異なることとなるのです。このように、いくつかある指標の中から自分の投資スタンスに合ったもの...

もっと読む »

見落としがちな「相続税の納付」から逆算した、相続対策とマンション投資の注意点

2018/11/12 税金

相続税は、ある程度まとまった財産を保有している方にとって、また財産を受け継ぐ可能性がある方にとって悩ましい問題です。相続税の基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)を超える相続財産を保有している方が亡くなった場合には、財産を受け継ぐ方に対して相続税がかかる可能性があります。できるだけ納める相続税を少なくしたいと考えるのは当然で、特に2015年の税制改正以降、相続税...

もっと読む »

相続税だけじゃない!「資産の分配」にも備えるための相続対策とは

2018/11/09 税金

日本全体で高齢化が進んでいくに従い、今後はさらに"相続案件"が増えていくことが予想されています。そもそも相続とは、被相続人(亡くなられた方)が保有していた資産を相続人(資産を引き継ぐ方)が受け継ぐことをいいます。相続案件が発生した場合、ほとんどの人は初めて相続に対応することとなるため、手続きに追われてしまうケースも少なくありません。そうならないよう相続対策をあらかじめ考え...

もっと読む »

成果に差が出る!区分マンション投資で安定収益を実現する3つのポイント

2018/09/17 不動産投資の基本

資産形成を行う理由は、人によってそれぞれです。単純に自らの資産を増やしたいと考えている人もいれば、将来の備えとして資産を形成しておきたいと考えている人もいるでしょう。いずれにしても、着実に資産を増やしていくためには、より“安定”した投資方法を選択する必要があります。そのためのひとつの手法として、不動産投資が挙げられます。不動産投資は、マンションやアパートなどのいわゆる...

もっと読む »

初心者でも大丈夫!中古の区分マンション投資が今こそオススメな理由

2018/09/11 不動産投資の基本

これから不動産投資をはじめようと考えている方にとって、悩ましいのが、“新築物件を購入するか、それとも中古物件を購入するか”ということではないでしょうか。不動産を購入するにあたり、中古物件か新築物件かというのは、つねに議論の的になっています。なぜなら、それぞれにメリット・デメリットや特徴が異なっているからです。もちろん、そこに絶対的な正解があるわけではありません。新築で...

もっと読む »

資産価値の向上へ!「建て替え」で蘇るマンションの価値と魅力

2018/04/26 管理・空室対策

「マンションを建て替える」と聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか。多くの人はマンションが住めなくなるほどに老朽化したから建て替えるのでは、と思うかもしれません。確かに、あらゆる物は、経年劣化によって古くなります。どんな物にも寿命があるのです。短期間しか使用しない消耗品ならまだしも、マンションやアパート、あるいは一戸建てなどの「住宅」の場合、経年劣化をあらかじめ加味しておかなければなりま...

もっと読む »

何が違うの?マンション投資で稼げるオーナーと稼げないオーナー

2018/03/28 不動産投資の基本

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本』は、世界中で話題となりました。ここ日本においても、2014年に発売された直後からいわゆる「ピケティ・ブーム」が巻き起こり、学術書としては異例のヒットを記録しました。各メディアで連日のように取り上げられていたのは記憶に新しいかもしれません。ピケティ氏が本書で提唱している理論は、「r>g」というもの。具体的には、資本収益率(r)は経済成長...

もっと読む »

やっぱり東京は強い!未来予想図「NEXTOKYO」にみるマンション経営の極意

2018/03/16 不動産投資の基本

マンション経営における収入(売上)は、入居者からの「家賃」によってもたらされます。どれだけシミュレーション上の利回りがいい物件でも、入居者がおらず、かつ想定通りの家賃収入が得られなければマンション経営はうまくいきません。その点、家賃収入はマンション経営の要であるといえるでしょう。では、家賃はどのようにして決まるのでしょうか。もちろんオーナーが独自の判断で決めることも可能ではありますが、一般的...

もっと読む »

郊外の大学が続々と都心回帰。都心の賃貸マーケットに与える影響とは

2017/12/26 管理・空室対策

人口減少や少子高齢化が問題となる中、大学経営も大きな変革を求められる時代が到来しています。日本経済新聞の報道によると、2017年春に定員割れを起こした私立大学は39.4%に上ることが明らかとなりました。このような状況で日本の私立大学では今後の生き残りをかけ、多くの大学が利便性の高い都心への移転を模索しています。大学が続々と都心へ移転2005年に文系5学部を都心へ移転させ、首都圏への移転の先駆...

もっと読む »

要注意!地方物件と都心物件の経費率

2017/12/23 不動産投資の基本

不動産投資を検討している人にとって、利回りは重要な判断要素の一つです。地方物件と都心物件の表面利回りを比較すると、地方物件の方が高利回りであるケースが多くみられます。地方や郊外では都心に比べると、たしかに表面利回りは高くなります。しかし表面利回りが高いというだけで投資先を決めてはいけません。地方物件と都心物件で経費の質が異なることに注意する必要があります。お得なのは地方?都心?地方では都市部...

もっと読む »

高利回り物件はお宝物件?リスク物件?

2017/10/10 不動産投資の基本

不動産投資をしようと考えて、物件探しをしていると、思わぬ高利回り物件を見つけることがあります。ですが、冷静になりましょう。高利回り物件がそうそう市場に出回ることはありません。大抵の場合は、業者が先に口コミで抑えてしまいます。市場に出るということは、そうした業者の買い手がつかなかったという物件であり、リスクが潜んでいる可能性があります。高利回り物件に飛びつく前に、まずは落ち着いて、なぜ高利回り...

もっと読む »

不動産投資によって資産が築かれていく仕組みを解説

2017/09/27 不動産投資の基本

不動産投資は、投資家にとって手間が少なく、安定した資産を築く運用方法の1つです。もちろん、入居率によって収益が左右されてしまうなどのリスクもありますが、多くの手法がある資産運用の中で、限定的なリスクで運用できる手法と考える投資家は多いでしょう。では、不動産投資によってどのような順序で資産が築かれていくのでしょうか。今回はその仕組みを詳しくみていきましょう。不動産投資を始めようと思ってから物件...

もっと読む »

都心の中古区分が不動産投資に適している理由とは?

2017/09/13 不動産投資の基本

不動産投資において、都心の中古区分マンションが適していると言われる理由はなんでしょうか?新築にも中古にも、都心にも地方にもそれぞれメリットがありますが、きちんと整理した上で都心の中古区分マンションが会社員の不動産投資に優れている理由を解説します。都心か地方か それぞれのメリットと特徴都心と地方では利回りの相場が異なります。都心の物件は地方に比べ、低い利回りで販売されるケースが多くみられます。...

もっと読む »

単身者用?ファミリー用?それぞれの特徴とメリット・デメリットとは

2017/09/07 不動産投資の基本

区分マンションの投資対象には、ワンルームなど単身用のコンパクトマンションと、2LDKなどのファミリー向けマンションがあります。サラリーマンの不動産投資家は都心部のコンパクトマンションに投資しているケースが多いのですが、ファミリー向けマンションも投資対象としてのメリットは豊富にあります。それぞれの投資対象としてのメリット・デメリットや、特徴などを詳しく見ていきましょう。ワンルームマンションのメ...

もっと読む »

中古物件を購入する際の1つの目安。旧耐震、新耐震とは

2017/09/05 不動産投資の基本

中古物件を購入するにあたり、築年数や構造を気にする人は多いことでしょう。中古物件は新築物件と比較し、修繕が必要なケースが多くトラブル例も少なくありません。しかし、新築物件よりも安価で購入しやすく、リノベーションをすれば新築同様に住めるのも魅力の1つです。中古物件の購入を検討している人は、「耐震」に目を向けてみるのも1つの手段です。建築確認が1981年5月31日までのものは旧耐震基準、それ以降...

もっと読む »