タグ:税金対策

知らないと危険!噂で聞いた不動産投資の「グレーゾーン経費」は確定申告して大丈夫?

2018/10/08 税金

不動産投資を行っていると、実にさまざまな“経費”が発生しているのがわかるかと思います。たとえば、保有している不動産に関連する「保険料」や毎月管理組合に納める「管理費」「修繕積立金」、賃貸管理会社に支払う「管理代行手数料」、司法書士や税理士への「報酬」、さらには「減価償却費」などはすべて不動産投資の経費となります。これらの支出をきちんと経費として計上しておくことは欠かせ...

もっと読む »

不動産投資のキーポイント!正しい節税と間違った節税の違いとは

2018/10/05 税金

収入が多ければ多い人ほど、“節税”に関して高い関心を持っているものです。とくに日本の場合、いわゆる「累進課税制度」を採用していることもあり、収入が多い人はそれだけ高額な税金を支払っています。したがって高額所得者の方は、さまざまな税金対策についてアドバイスを受けたり、学んだりしているケースが多いです。ただし、できるだけ支払う税金を少なくしたいと考えているのは、高額所得者...

もっと読む »

“コスパ”から考える!大切にしたいマンション経営の「修繕」と「費用対効果」

2018/09/29 マンション投資の管理

経年によって古くなるマンションには、定期的な“修繕”が欠かせません。たとえば、経年劣化にともなう室内の「リフォーム」、建物をリニューアルするための「リノベーション」、共用部分を含めた「大規模修繕」などは行ったほうが良い修繕の代表といえます。それらの修繕を経て、建物の価値そのものが維持されていくことになるのです。ただし、マンションの修繕には計画性が必要です。やみくもに修...

もっと読む »

家族信託(民事信託)を活用しよう!「もしも」に備えるリスクヘッジ

2018/09/27 税金

高齢化社会の進展にともない、65歳以上の認知症患者が増加しています。内閣府が発表している「高齢社会白書(平成28年版)」によると、2012年時点の認知症患者数は462万人。これは実に、65歳以上の方の7人に1人という割合です。しかも将来推計では、2025年で約700万人、つまり5人に1人という割合にまで増加するとされています。※『高齢社会白書(平成28年版)』内閣府このような社会情勢をうけ、...

もっと読む »

不動産オーナーは納税に追われない?年間スケジュールとクレジットカード納付を知ろう!

2018/08/10 税金

不動産投資家には“税金の知識”が欠かせません。なぜなら、不動産投資にはさまざまな税金が関係してくるからです。それらの税金に関する知識がなければ、納税に抜けや漏れが発生してしまうかもしれません。そうならないよう、あらかじめ税金の知識を身につけておきましょう。とくに押さえておきたいのは、「納税のスケジュール」についてです。税金は、それぞれの種類ごとに納税のタイミングが異な...

もっと読む »

その差は歴然!現金と収益不動産における相続税の差をシミュレーションしてみよう

2018/07/30 税金

一定の資産を保有している方は、「相続税」に注意が必要です。相続税とは、亡くなった人(被相続人)から財産を相続した人、つまり相続人に対して課税される税金のこと。例えば、現金や預貯金はもちろん、有価証券や貴金属・宝石、さらには土地や家屋なども相続税の対象となります。そのような資産がある方は、より多くの資産を次世代へ引き継ぐことができるよう、あらかじめ準備しておくべきでしょう。ただし相続税は、事前...

もっと読む »

赤字は怖くない!?赤字額を合算できる「損益通算」の仕組みを理解しよう

2018/07/27 マンション投資の管理

不動産投資を実践していると、場合によっては“赤字”になってしまうことがあるかもしれません。赤字とは、得られる家賃収入に対して、支出がそれを上回ってしまう状態のことです。そもそも不動産投資の収益構造は、「家賃収入-(諸経費+税金等)」となっていて、物件によっては赤字になっているケースもあります。では、不動産投資で赤字が発生したらどうすればいいのでしょうか。「赤字」と聞く...

もっと読む »

「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?「修繕費」と「資本的支出」で節税効果も違うの?

2018/07/23 マンション投資の管理

保有している物件を修繕する場合、キーワードとして挙げられるのは「リフォーム」と「リノベーション」です。いずれも、建物の価値を維持するため、もしくは高めるために効果的な方法です。リフォームもリノベーションも、近年では耳慣れた言葉ですが、どのような違いがあるのかわからないという人も少なくないと思われます。ここでは、あらためてリフォームとリノベーションの特徴や、それぞれの違いについて確認しておきま...

もっと読む »

投資初心者は要注意!「予定納税」の仕組みとその概要とは

2018/07/04 税金

投資によって得られた収入は、必要経費を差し引き、確定申告による納税手続きを行わなければなりません。もともと税金にはさまざまな種類のものがありますが、そのうち「所得税」に関しては、個々人の所得に対して課せられる税金だからです。特に投資をはじめたばかりの方であれば、確定申告のやり方がわからず、スムーズに対応できない場合が少なくありません。それどころか、確定申告すること自体を忘れてしまい、あとから...

もっと読む »

会社にバレる!?「確定申告」をすると副業バレしてしまうのか

2018/07/02 税金

近年、“副業”に注目が集まっています。安倍政権が進める「働き方改革」をはじめ、生産性の向上や残業の削減など、さまざまな要因がサラリーマンの副業を後押ししていることがその要因とされています。今後はさらに、副業に対する意識が高まるかもしれません。クラウドソーシング大手のランサーズが2018年に調査したところによると、副業フリーランスの人口は744万人(本業・副業を区別しな...

もっと読む »

「節税」「高利回り」で失敗した!陥りやすいマンション経営の落とし穴

2018/06/25 税金

「節税するためにマンション経営をはじめてみませんか?」「高利回りの物件を買えば家賃収入だけで生活でき、脱サラも可能!」など一見魅力的に感じられるキャッチコピーに引かれて、不動産投資をはじめる人は少なくありません。確かに、それらの言葉には真実も含まれていることでしょう。ただし、特に投資をはじめる際には、言葉の裏側についても意識を向けましょう。例えば、「節税とはどのような仕組みで実現できるのか?...

もっと読む »

所得税の仕組みから考える!マンション経営と税額計算の流れ

2018/06/13 マンション投資の基本

学校を卒業し、そのままサラリーマンとして働き続けている方の多くは、「確定申告」になじみがない方も多いのではないでしょうか。確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得金額を計算し、所得税および復興特別所得税額を導き出すための申告です。要するに、納税する所得税額を明らかにするための手続きといっていいでしょう。もし、これからマンション経営をしたいと考えているのであれば、自分の所得税がどのくら...

もっと読む »

マンション経営に必須!不動産の「取得・保有・処分」と税金の種類

2018/06/11 マンション投資の基本

不動産投資をはじめる際には、手続きに必要な各種の「税金」を支払わなければなりません。また、不動産投資によって得られた利益についても、所得税や住民税が課せられることになります。課税対象となる利益には、家賃収入(インカムゲイン)はもちろん、売却時の売却益(キャピタルゲイン)も含まれます。そのように考えると、不動産投資に関連する税金は、大きく「取得」「保有」「処分(売却)」で発生することになります...

もっと読む »

先手を打って対策しよう!注目の税制改正とこれからの相続税対策

2018/06/06 税金

相続税対策は早めに行うのが基本です。その理由の一つに、日本の相続税に関する「税制」にあります。そもそも相続税とは、亡くなった方(被相続人)の財産を家族や親族などの相続人が取得したときに課せられる「資産税」としての税金です。相続人となりうる人は様々ですが、多くは被相続人の配偶者や子、直系尊属(親など)や兄弟姉妹です。残された相続人が苦労しなくて済むように、前もって相続税対策に取り組むことが大切...

もっと読む »

こんな方法も?!資産の組み換えで考える相続税対策

2018/06/04 税金

相続税の問題でもめてしまうケースの多くは、相続人の間における「相続財産の分割」です。お金の問題はトラブルに発展しやすいだけではなく、多額の財産が絡んでくるため事件へと発展してしまうケースもあります。遺産相続問題のいざこざは想像するに難くありません。とくに、残された相続財産が分けにくい性質をもっている場合はなおさらです。たとえば、土地や建物(家屋)などの財産です。国税庁の調査によると、平成28...

もっと読む »

何から始める?相続税対策・「争族」対策としてやっておきたい6つのこと

2018/05/21 税金

相続を“争族(争続)”にしないためには、「生前の対策」が重要となります。争族となるケースの多くは、被相続人が生きているうちに必要な準備を進めておらず、その結果、亡くなってから慌てて処理するために起こっています。だからこそ、生前にきちんと準備しておくことが、争族へと発展させないポイントになるのです。ただ実際には、被相続人が亡くなってから専門家に相談する人が後を絶ちません...

もっと読む »

家族・親族のためにまずは知っておこう!相続が「争族」になる原因

2018/05/16 税金

近年、相続に関するトラブルは増加傾向にあります。裁判所の「司法統計」によると、家庭裁判所への「家事相談件数」のうち、相続に関するものは2000年では9万62件でしたが、2012年には17万4494件と約2倍にまで増えました。さらに遺産分割事件(家事調停・審判)の新受件数においても、2006年には1万2614件であったのが、2016年には1万4662件と、10年間で約20%増加しています。その...

もっと読む »

不動産投資の落とし穴!資産運用としてのマンション投資は“リスク”に注意

2018/05/01 マンション投資の基本

不動産投資は“投資”という言葉がついているように、分類としては、いわゆる投資の一種とされています。つまり、株式投資や債券投資、ETF(上場投資信託)あるいはFX(外国為替証拠金取引)などと同じ部類であると認識されているのです。ただ、不動産投資の中でも「マンション投資」には、“実物を取り扱う”という大きな特徴があります。マンション投資は、同じ不動...

もっと読む »

より多くの資産を次世代へ!相続税対策としてのマンション経営

2018/03/08 マンション投資の基本

次の世代へ資産を引き継ぐ際、その評価額に応じて「相続税」が課せられます。特に現金や預貯金、あるいは株式、不動産など相続税の課税対象となる資産の形は様々です。最近では多額の資産を保有している方だけでなく、一般的ともいえる資産額の方も相続税の課税対象になっています。自分は相続税を支払うほどの資産がないと考え相続税対策を行っていなかった方が突然亡くなり、相続税を納めなければならなくなったというケー...

もっと読む »

実は赤字にもメリットが!?マンション経営と利益の不思議

2018/03/06 マンション投資の基本

毎年のように赤字を垂れ流しているのにも関わらず、それでも存続し続けている会社が日本にはたくさんあります。事実、国税庁が発表している「会社標本調査結果」によると、2015年度における「欠損法人(決算上赤字の会社)」は全体の64.3%。実に、日本企業の3分の2が赤字となっているのです。会計や経理に詳しくない人からみれば、「なぜ、赤字なのに存続できるか?」と、首をかしげてしまうことでしょう。ただ、...

もっと読む »