タグ:デメリット

「ワンルーム・ファミリー・タワーマンション」区分所有投資の管理の違いとは?

2021/10/21 管理・空室対策

マンションやアパートなどの収益物件を購入し、物件を保有しつつ入居者を獲得していく不動産投資において、物件の「管理」はとても重要です。物件の管理がきちんと行き届いていないと、入居者を獲得できないばかりか、たとえ入居者がついたとしてもクレームやトラブルに発展してしまう可能性があります。やはり、管理は大切なのです。では、不動産投資を始めるにあたって、物件の管理に関してどのような認識をもっておけば良...

もっと読む »

都心or地方?不動産投資ならどちらの物件?各メリット・デメリットとは

2021/10/18 不動産投資の基本

「不動産投資は、土地勘のあるエリアですべき」と言われることもあるようですが、都心物件と地方物件では果たしてどちらが有利なのでしょうか。もちろん、都心物件と地方物件のいずれにもメリット・デメリットが存在します。不動産投資をするエリアを選ぶときの参考のために、ここではそれぞれの特徴を詳しく説明していきましょう。(本記事は2017/09/05配信のものを2021/10/18に更新しております)>>...

もっと読む »

不動産投資するなら区分?一棟?そのメリット・デメリットとは

2021/10/15 不動産投資の基本

不動産投資には、ワンルームマンションなどの区分マンションへの投資と一棟投資があります。不動産投資初心者の方は区分所有から始めるケースが多いのですが、徐々に物件を増やしていき、最終的に一棟マンションや一棟アパートへ投資することを目指している人も少なくないでしょう。今回は、区分投資と一棟投資のそれぞれのメリット、デメリット、特徴について詳しく見ていきましょう。(本記事は2017/09/06配信の...

もっと読む »

短期と長期、どっちがお得?ワンルームマンション売却時の税金「譲渡所得」とは

2021/09/27 税金

不動産投資を始める前に、明確化しておきたいのは「投資戦略」です。なぜなら、投資戦略が固まっていないと、確固たる資産を築くことはできないからです。たとえば、キャピタルゲインを目標として「短期保有」で売却するのか、インカムゲインを目標として「長期保有」で家賃収入を得ていくのかを、最初に設定することは基本中の基本です。「サラリーマン」と呼ばれる会社員・公務員の方を中心に人気を博している「ワンルーム...

もっと読む »

マンションの寿命は何年か?耐用年数と建て替え事例から学ぶ

2021/09/20 管理・空室対策

不動産投資の一つであるマンション経営を行うために、中古マンションを購入する時は物件価格や立地も気になりますが、物件の築年数も気になるでしょう。ある程度長い期間、マンションを保有することを前提にするなら築年数に応じた「出口戦略」を考えなくてはいけません。たとえば築年数30年を超えるような中古マンションを所有して、すぐに建て替える必要が出てくることはないでしょうか。ここでは買う物件選びを誤らない...

もっと読む »

不動産投資初心者におすすめの“区分所有”でのマンション経営

2021/08/23 不動産投資の基本

不動産投資の1つに、「区分所有マンション投資」があります。区分所有の建物、つまり分譲マンションの専有部分の1室を所有し、それを貸し出すことによる投資スタイルです。物件は部屋の大きさや間取りなどによってさまざまな種類がありますが、資金など自身の状況により判断が異なってきます。ここでは不動産投資初心者にこそおすすめの区分所有マンション投資の基本を理解し、正しい選択を行えるように解説していきます。...

もっと読む »

ワンルーム?DINKS向け?投資用マンションの特徴・購入から運用の基本を知ろう

2021/08/07 不動産投資の基本

不動産投資の対象となる物件にはさまざまな種類があるものの、失敗するケースにはいずれも類似した特徴があります。たとえば、不十分な事前調査やシミュレーションの甘さ、戦略・戦術のなさ、あるいは単純な判断ミスなどです。どのケースにおいても後から考えてみると改善すべき余地があったと気づけるものばかりでしょう。では、マンション経営に着手する場合、どのようなポイントに注意しておけばいいのでしょうか。大切な...

もっと読む »

効果あり?不動産投資ローンの「頭金」「繰り上げ返済」を熟知しよう

2021/06/06 不動産投資の基本

頭金と不動産投資ローンの割合、繰り上げ返済といった返済額のコントロール。実はアパート経営やマンション投資といった不動産投資を行う上ではこれらがとても重要になります。借入金イコール早く返すべき、ではないこともあるためしっかりと試算しなくてはいけません。不動産投資ローンにおいて月々の返済額を決める要素には、頭金、金利、融資期間(返済月数)、諸費用をローンに含めるか自己資金で賄うかなど、見るべきポ...

もっと読む »

初心者が知っておくべき罠?不動産投資の「リスク4選」と回避策

2021/05/22 不動産投資の基本

金融機関から融資を受けて行う不動産投資は、あらかじめスキームが確立されています。関連する業者もたくさんいるため、初心者でも無理なくはじめることができます。事実、本職を持ちながら副業・兼業として不動産投資に着手しているサラリーマン投資家は少なくありません。ただ一方で、初心者でもはじめやすいからこそ、不動産投資の“罠(ワナ)”にはまってしまう人も少なからず存在します。ここ...

もっと読む »

不動産投資“初年度の確定申告” 事前に知っておくべき事とは?!

2021/02/15 税金

賃貸経営、つまり不動産投資を始めると、給与所得以外の所得である不動産所得が発生することになるので、確定申告が必要になります。確定申告と聞くと、初めての人にとっては難しいことのように感じるかもしれませんが、不動産所得のみであればそれほど複雑な処理は必要ありません。今回は不動産投資をして初年度の確定申告する方向けに、簡単な白色申告と青色申告の概要について解説していきましょう。(本記事は2017/...

もっと読む »

資産運用の株式・FX・投資信託、仕組みやメリット・デメリット

2021/01/22 資産形成・運用

資産運用をはじめるにあたり様々な投資対象がある中で、まずは最もオーソドックスであると言える金融商品の種類やその特徴を知る必要があります。ここでは代表的な金融商品である株式・FX・投資信託、それぞれの仕組みを中心に解説します。(本記事は2017/09/07配信のものを2021/01/22に更新しております)▼目次 株式投資の仕組み FXの仕組み 投資信託の仕組み 自分に合った納得のいく資産運用...

もっと読む »

保険で資産運用すべきか?商品の種類や仕組みとメリット・デメリット

2020/11/30 資産形成・運用

株式・債券・投資信託などさまざまな金融商品がある中、生命保険を活用して資産運用する方法もあります。例えば、銀行などの金融機関の窓口で販売されている商品もありますので、皆様の中にはご存じの方もいるかもしれません。生命保険には解約した場合や満期のときに受け取れる解約返戻金や満期金などがない、または少ない、いわゆる「掛け捨て」の保険がある一方、解約返戻金や満期金が貯まっていく「貯蓄型」の商品もあり...

もっと読む »

不動産投資における「表面利回り」と「実質利回り」の違いとは

2020/11/14 不動産投資の基本

2020年現在、都心部での不動産投資は平均4~5%前後の利回りが期待できるといわれています。これは、現状の超低金利政策の影響化にある預貯金や、国債の利回り水準に比べ魅力的な利回りといえるでしょう。ただ、不動産投資には「表面利回り」と「実質利回り」という2つの利回りがあります。今回はその違いを詳しくみていきましょう。(本記事は2017/09/13配信のものを2020/11/14に更新しておりま...

もっと読む »

不動産投資の危うい「グレーゾーン経費」は確定申告して大丈夫?

2020/09/13 税金

不動産投資を行っていると、実にさまざまな“経費”が発生しているのがわかるかと思います。たとえば、保有している不動産に関連する「保険料」や毎月管理組合に納める「管理費」「修繕積立金」、賃貸管理会社に支払う「管理代行手数料」、司法書士や税理士への「報酬」、さらには「減価償却費」などはすべて不動産投資の経費となります。これらの支出をきちんと経費として計上し確定申告しておくこ...

もっと読む »

定期借家契約は入居者対策に有効か?そのメリット・デメリット

2020/09/11 不動産投資の基本

平成11年に借地借家法の一部改正により「定期借家制度」が創設され、一般的な普通借家契約とともに定期借家契約が利用されるようになりました。オーナーにとっては建物を貸し出す期間が確定的になるため一時的な建物賃貸借が行いやすくなりました。また問題のある入居者への対策として定期借家契約を利用するケースも出てきています。今回は定期借家契約の基本知識、そしてメリットとデメリットを解説していきましょう。(...

もっと読む »

「生命保険」と「不動産投資」の比較からわかるメリットとは?

2020/08/22 不動産投資の基本

日本人は生命保険への加入率が高いことをご存じでしょうか。公益財団法人生命保険文化センターの調査によれば、2015年度の日本における生命保険の世帯加入率は89.2%に上りました。一方、例えば同じ先進国の一つであるイギリスの場合、生命保険の加入率は24.9%と日本と比較した場合に極めて低い水準となっています。日本とイギリスでは福祉・医療システムがまるで違うため、単純に比較できるわけではありません...

もっと読む »

マンション経営の空室対策にサブリースは良いか?メリットと注意点とは

2020/07/31 管理・空室対策

マンション経営において、賃貸管理を不動産会社に委託する方法の一つに「サブリース方式」というものがあります。この仕組みを利用すると、オーナーは空室リスクを負わず、決められた金額の家賃が毎月入金されることとなり、マンション経営が安定するメリットがあります。ただし一方で、利用する場合に注意しておきたい点もあります。この記事では、空室対策として活用したいサブリースのメリットと注意点についてまとめます...

もっと読む »

初心者こそオススメ「NISA×インデックス投資」のメリット・デメリット

2020/07/04 資産形成・運用

少子高齢化が叫ばれて久しくなりました。団塊の世代ジュニアである現在40代前半~30代後半の現役バリバリの世代の年金は、現在の受給者よりも確実に少なくなると言われています。現在の現役世代が納めている年金はいわゆる「仕送り方式」であり、現在の高齢者へ振り込まれています。今の制度が続く限り、団塊ジュニアの年金を支払うのはその子供達の世代になります。少子化が進み、働く現役世代が少なくなればもらえる年...

もっと読む »

見落し厳禁!不動産投資の「管理費」。ポイントはマンション経営でのオーナーと入居者の視点

2020/07/02 管理・空室対策

家賃収入がなければ不動産投資であるマンション経営は成り立ちません。しかし、だからといって、家賃ばかりに注目してしまうのも考えものです。なぜなら、マンション経営における最終的な利益は、得られた家賃から諸経費を差し引いたうえで求められるためです。それがいわゆる「実質利回り」と言われるものになります。家賃収入だけで計算される「表面利回り」では、物件の本来的な実力を推し量ることはできません。表面利回...

もっと読む »