タグ:資金計画

自分は平均より上or下?金融資産から考える30代の資産状況とは

2021/03/31 資産形成・運用

他人がどのくらいの「貯金」をしているのか、気になる人も少なくないでしょう。特に日本人は、諸外国と比較しても、現金や預金で資産を保有している人が多いという特徴があります。日本銀行調査統計局が発表した2020年3月末時点での「資金循環の日米欧比較」によると、その構成割合は次のようになっています。「現金・預金」における割合は、日本は実に54.2%、つまり資産の半分を現金・預貯金で保有していることに...

もっと読む »

フリーランス等の自営業者もOK?不動産投資の幅広い融資方法とは

2021/03/27 不動産投資の基本

不動産投資は、銀行をはじめとする金融機関から融資を受けてアパートやマンションを購入し、入居者を獲得することで家賃収入(インカムゲイン)を得る投資手法です。そのため、物件の精査はもちろんのことですが、いかに融資を受けられるかが大きなポイントとなります。ここでは、不動産投資における融資審査のポイントと、フリーランスといった自営業者等も含む様々な属性の方でも対応できうる幅広い融資方法について解説し...

もっと読む »

老後の一人暮らしには資産運用で3000万円が必要?!その有効な準備方法とは

2021/03/17 資産形成・運用

日本人の婚姻率は低下傾向にあり、生涯未婚の人、いわゆる「おひとりさま」の比率は増えています。一人で生きていくと決めたときに心配になるのがお金です。一人暮らしでの老後に備えて用意するべき老後資金はいくらぐらいで、どのようにして資産運用すればいいのでしょうか。(本記事は2019/05/20配信のものを2021/03/17に更新しております)▼目次 独身を貫くと決めたら、何を心配すべきか 老後の一...

もっと読む »

“予定納税”とは?サラリーマンでも納税は確定申告の時期だけじゃない?!

2021/03/10 税金

例えば会社員や公務員などのサラリーマンのようなケースであれば、マンション経営といった不動産投資などの副業によって得られた収入は、必要経費を差し引き、確定申告による納税手続きを行わなければなりません。もともと税金にはさまざまな種類のものがありますが、そのうち「所得税」に関しては、個々人の所得に対して課せられる税金だからです。特に投資をはじめたばかりの初心者の方であれば、確定申告のやり方がわから...

もっと読む »

税理士が解説!不動産投資の確定申告で認められる必要経費6つとは

2021/02/28 税金

既に2021年も2ヵ月を過ぎましたが、今だからこそのタイミングとして不動産投資における確定申告について解説します。年を明けた1月から次の2月も終わり、気が付いたら確定申告の期間が始まっていた状態となっています。「2021年の確定申告期間は2月16日(火)から4月15日(木)までだから、ゆっくり準備して申告すればいいのでは?」「まだまだ時間はあるから大丈夫」と思う方もいるかもしれませんが、残り...

もっと読む »

マンション経営での「青色申告」による節税メリット享受の条件

2021/02/10 税金

マンション経営で収入を得た場合、節税策として真っ先に思い浮かぶのが「青色申告」ではないでしょうか。メリットが多いといわれる青色申告ですが、その分、細かい条件を満たすことが求められます。今回は、青色申告制度のメリット、どのようなケースで青色申告の節税メリットを最大限に受けられるのか、青色申告するための手続きについて紹介します。(本記事は2019/01/21配信のものを2021/02/10に更新...

もっと読む »

“不動産投資の自己資金/初期費用”ワンルームマンションならいくら必要か?

2021/01/11 不動産投資の基本

一般的には「不動産投資」と聞くと、まだまだ富裕層や地主が行うものというイメージが強いかと思います。しかし実際には、一般企業に勤めるサラリーマンや、年金で投資運用をする方など、いろいろな大家さんがいらっしゃいます。不動産は金額が大きいためハードルが高く見える不動産投資ですが、サラリーマンでも比較的お手頃なワンルームマンションへの投資を不動産投資ローンを組んで始めるにあたり、一体どれぐらいの自己...

もっと読む »

「貯蓄から投資(資産形成)へ」日米欧の資産における現金・運用割合の比較

2020/12/19 資産形成・運用

バブル崩壊後の1990年代後半から、様々な金融制度の改革が行われ、2000年代に入ると「貯蓄から投資へ」という言葉が使われ始めました。2015年ごろからは、より身近なテーマとして捉えてもらうことを狙いに、金融庁が「貯蓄から資産形成へ」という言葉を使うようになりました。その後も投資・資産運用の裾野を広げる目的で証券税制の優遇などを行い、資産形成のための環境作りを国を挙げて行ってきました。しかし...

もっと読む »

「20代・30代・40代」年代別の不動産投資を始める理由3選

2020/12/05 不動産投資の基本

将来に向けた資産形成としてマンション経営のような不動産投資を始めるのであれば早ければ早いほど有利です。ただ、各世代によって投資を行う目的やメリットは異なるため、それぞれの年代で始める場合の特徴を理解しておくと良いでしょう。今回は20代、30代、40代の各世代の不動産投資を参考にして、資産形成のヒントを掴んでいきます。(本記事は2017/09/27配信のものを2020/12/05に更新しており...

もっと読む »

保険で資産運用すべきか?商品の種類や仕組みとメリット・デメリット

2020/11/30 資産形成・運用

株式・債券・投資信託などさまざまな金融商品がある中、生命保険を活用して資産運用する方法もあります。例えば、銀行などの金融機関の窓口で販売されている商品もありますので、皆様の中にはご存じの方もいるかもしれません。生命保険には解約した場合や満期のときに受け取れる解約返戻金や満期金などがない、または少ない、いわゆる「掛け捨て」の保険がある一方、解約返戻金や満期金が貯まっていく「貯蓄型」の商品もあり...

もっと読む »

学ぶべきワンルームマンション投資の「利回り」「安定性」とは?

2020/11/08 不動産投資の基本

あらゆる投資において、どのくらいの「利回り」が確保できるかは重要です。投資する金額が大きければ大きいほど、わずかな違いであったとしても、資産形成に大きな影響をもたらします。たとえば、2000万円の1%は20万円。利回りが1%違えば20万円の差が生じます。ただし、利回りと一口に言ってもいくつか種類があります。そのため投資の判断においては「どの種類の利回りをどのくらい確保できるのか」という視点が...

もっと読む »

“融資”と“物件” 不動産投資するならまずはどちらが先なのか?

2020/11/06 管理・空室対策

不動産投資で収入を得るためのスキームは、それほど複雑なものではありません。金融機関から融資を受けて物件を購入し、家賃収入を得ながら、金利を含めたローン返済をしていく流れとなります。つまり、家賃収入で金利とローン返済を相殺するわけです。そのとき、家賃収入が金利およびローン返済の額を上回っていれば、手元にお金が残ることになります。それがつまり、不動産投資における “所得”と...

もっと読む »

効果あり?不動産投資ローンの「頭金」「繰り上げ返済」を熟知しよう

2020/10/24 不動産投資の基本

頭金と不動産投資ローンの割合、繰り上げ返済といった返済額のコントロール。実はアパート経営やマンション投資といった不動産投資を行う上ではこれらがとても重要になります。借入金イコール早く返すべき、ではないこともあるためしっかりと試算しなくてはいけません。不動産投資ローンにおいて月々の返済額を決める要素には、頭金、金利、融資期間(返済月数)、諸費用をローンに含めるか自己資金で賄うかなど、見るべきポ...

もっと読む »

物件数を増やせない不動産投資家の改善点とは?【マンション経営のコツ】

2020/09/29 不動産投資の基本

不動産投資の醍醐味は、物件数を増やすことで家賃収入を増大させることです。しかし、 スタートアップ時は順調だったのに、規模を拡大できずに足踏みしている不動産投資家も多く見られます。この停滞する状況を突破するための改善策をマンション経営のコツとして考えていきましょう。(本記事は2019/04/16配信のものを2020/09/29に更新しております)▼目次 不動産投資とは融資をコントロールするビジネ...

もっと読む »

投資前後に必須!未来の収支をみる“不動産投資シミュレーション”

2020/09/19 資産形成・運用

マンション経営やアパート経営といった不動産投資をする際はシミュレーションを作成し、購入してからの収支や出費などの見込みを事前に想定しておきましょう。運用を始めてみると、シミュレーション通りにいかないこともあるので、その場合見直すポイントはどういう点なのでしょうか。また、シミュレーションを作ると具体的に何が分かるのか解説していきます。(本記事は2018/01/04配信のものを2020/09/1...

もっと読む »

不動産投資の危うい「グレーゾーン経費」は確定申告して大丈夫?

2020/09/13 税金

不動産投資を行っていると、実にさまざまな“経費”が発生しているのがわかるかと思います。たとえば、保有している不動産に関連する「保険料」や毎月管理組合に納める「管理費」「修繕積立金」、賃貸管理会社に支払う「管理代行手数料」、司法書士や税理士への「報酬」、さらには「減価償却費」などはすべて不動産投資の経費となります。これらの支出をきちんと経費として計上し確定申告しておくこ...

もっと読む »

定年迫る40代の資産形成は「区分所有マンション投資」が最終手段

2020/09/08 不動産投資の基本

資産形成・資産運用は、いかに綿密な計画を立てられるかが大事です。目的を考えずに投資していても、自らの資産を賢く運用することはできません。お金が増えたり減ったりすることに対し、一喜一憂している状態は、ただ投資を楽しんでいるだけに過ぎません。もちろん趣味の範疇(はんちゅう)で投資を楽しむのも一つのスタイルですが、将来に必要となる資産を見越して計画を立て「資産形成」という観点で投資を行っていくと、...

もっと読む »

将来のお金は自ら稼ぐ!30代~40代女性必見の投資の極意とは

2020/09/03 資産形成・運用

近年、女性の社会進出には目覚ましいものがあります。政府が発表している『令和元年版男女共同参画白書』によると、2018年における女性(15~64歳の生産年齢人口)の就業率は、前年比2.2ポイント上昇の69.6%。1968年の調査開始以来、過去最高を更新しています。ここ10年では、実に9.8ポイントも上昇しました。こうした流れからは、女性のキャリア形成、そしてライフプランのあり方が今後も変わって...

もっと読む »

不動産投資はまさに二刀流!メリットであるフロー型とストック型の資産形成

2020/08/24 不動産投資の基本

資産形成の方法は「フロー型」と「ストック型」の2つに分けられますが、一般的に国内での不動産投資は家賃収入を得ることを目的にするケースが多いためフロー型と考えられています。しかし最近ではストック型と捉える考え方も注目されています。2パターンの資産形成が同時進行するだけでも魅力的ですが、今はそれをさらに加速しやすい状況です。(本記事は2017/09/13配信のものを2020/08/24に更新して...

もっと読む »

不動産投資だからこそのメリット 実物資産の「担保価値」とは

2020/08/23 不動産投資の基本

不動産投資のメリットというと、家賃収入によってキャッシュフローが増加し経済的自由を手に入れることができるとイメージする人が多いのではないでしょうか。確かに、家賃収入によって給与外の副収入が増えるということは大きなメリットではありますが、それ以外として実物資産だからこそ担保価値の高い資産を築くことができるというメリットも忘れてはなりません。今回は不動産投資における担保価値について確認していきま...

もっと読む »