タグ:資産形成

相続登記が義務化?不動産登記証明と土地建物の名義変更をしなければならない4つのステージ

2019/06/18 マンション投資の基本

近年、土地所有者と連絡が取れないことが原因で、管理が行き届いていない土地や建物が放置される、まちづくりや道路建設における土地収用がスムーズに進まない、固定資産税の徴収などに支障が生じて地方自治体の財政に影響が出るなど「所有者不明地」に関する問題が深刻化しています。その主な原因は、不動産の所有者情報である「登記」が適切に行われていないことです。国土交通省が平成28年度に行った地籍調査によると、...

もっと読む »

活用していますか?セルフメディケーション税制

2019/05/24 税金

2017年1月に「セルフメディケーション税制」が創設されてから2年余り経ちました。従来からある「医療費控除」の特例で、確定申告で控除を受けた人もいるでしょう。今回は、改めてこの税制はどのようなものなのか、概要をお伝えしていきます。そもそもセルフメディケーション税制とは?従来の「医療費控除」では、1年間に支払った医療費が「10万円または総所得金額の5%のいずれか低い方の金額」を超えた場合には、...

もっと読む »

「貯蓄から投資へ」は進んでいるのか?家計の金融資産構成

2019/05/22 資産運用

バブル崩壊後の1990年代後半から、様々な金融制度の改革が行われ、2000年代に入ると「貯蓄から投資へ」という言葉が使われ始めました。その後も投資・資産運用の裾野を広げる目的で証券税制の優遇などを行い、資産運用のための環境作りを国を挙げて行ってきました。この約20年の間に「貯蓄から投資へ」は進んだのでしょうか。今回は家計の金融資産構成の推移などを交えながらお伝えしていきます。家計の金融資産構...

もっと読む »

「お一人様で生きていく」と決めたら、お金は何で運用する?

2019/05/20 資産運用

日本人の婚姻率は低下傾向にあり、生涯未婚の人、いわゆる「おひとりさま」の比率は増えています。一人で生きていくと決めたときに心配になるのがお金です。一人の老後に備えて用意するべき老後資金はいくらぐらいで、どのようにして運用すればいいでしょうか。独身を貫くと決めたら、何を心配すべきか男女別 50歳時の未婚割合(生涯未婚率)の推移(国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2018年度版)」よ...

もっと読む »

一般NISAとつみたてNISA、違いを理解して賢く選ぼう

2019/04/26 資産運用

少額から始められて、非課税で資産運用ができる「NISA」。2014年から制度がスタートし、多くの人が口座を開設しています。ところで、NISAには「一般NISA」と「つみたてNISA」があるのをご存じでしょうか。両者の違いと選び方について考えてみます。そもそもNISAって何?2019年2月、金融庁は「つみたてNISA口座数が100万口座を突破した」と発表しました。2018年12月末時点での全N...

もっと読む »

「介護した嫁」も相続OK?「特別の寄与」とは何か

2019/04/24 税金

2018年7月の民法改正で、相続の在り方が変わりました。注目されているテーマの一つが「特別の寄与の制度の創設」です。「亡くなった人の長男の嫁も相続できるようになった」と言われていますが、具体的にはどのような内容なのでしょうか。改正民法で介護した子の嫁も財産請求できるようになった2018年に民法が改正したことにより、これまでの相続のありかたが一部変わりました。その中の一つが「特別の寄与の制度」...

もっと読む »

あなたに必要なのは?生命保険で準備できる保障

2019/04/22 資産運用

もしもの時に備えて加入をする生命保険。2019年2月1日現在、日本で事業を行う生命保険会社は42社に上ります。その各社から多くの保険商品が販売されていて、保障の内容も様々ですが、今回は生命保険でどのような保障が準備できるのか、また加入するにあたっての考え方等についてお伝えしていきます。どのような保障が準備できるのか?・死亡保障まずは代表的な保障として「死亡保障」が挙げられます。世帯主が万が一...

もっと読む »

2019年より施行!40年ぶりの民法改正で「相続」は何が変わる?

2019/04/18 税金

2018年7月6日、民法の相続に関する規定「相続法」が改正され、2019年から段階的に施行されています。相続法の改正は、実に約40年ぶりの大幅な変更といわれています。では、具体的に相続はどう変わるのでしょうか。主な改正項目とポイントを解説していきます。残された配偶者の生活を保護する制度の創設大きな改正点は、配偶者の権利を保護するための制度が3つ新設されたことです。概要を説明していきましょう。...

もっと読む »

マンション経営のコツ 物件数を増やせない不動産投資家はどこを改善すべきなのか?

2019/04/16 マンション投資の基本

不動産投資の醍醐味は、物件数を増やすことで家賃収入を増大させることです。しかし、 スタートアップは順調だったのに、規模を拡大できずに足踏みしているケースも多く見られます。この停滞する状況を突破するための改善策を考えます。不動産投資とは融資をコントロールするビジネス不動産投資で経営規模を拡大していけるかは「融資の量」が鍵を握っています。マンション経営の特性は「他人資本(=金融機関の融資)」で投資...

もっと読む »

家計簿をつけよう!と思った時に気をつけたい3つのポイント

2019/02/27 資産運用

新しい年の始まりは1年の目標や計画などを立てる良い機会です。また、年が明けたのをきっかけに気持ちも新たに家計簿をつける方もいるでしょう。そこで、今回は家計簿をつけ始める際のポイントや注意点などを紹介します。家計簿をつける目的を考える家計簿には、1月始まりと4月始まりのものがあります。子どもがいる場合やサラリーマンの場合には4月始まりのほうがわかりやすい場合もありますが、自分や家族が管理しやす...

もっと読む »

様々な負担増に備えるための資産運用

2019/02/18 資産運用

「貯蓄から投資へ」という言葉を聞くようになってから長い時間が経過しています。平成15年度の税制改正で証券税制が大幅に改善・優遇されたことによって、投資に対するハードルが従来よりも下がったといえますが、日本の家計の金融資産における株式・投資信託・債券等の金融商品の割合は、欧米と比較して低くなっています。それに対して、今後は様々な負担増が家計に影響を与えることも考えられます。資産運用を行うことで...

もっと読む »

退職までにいくら準備すれば良いのか?ライフプランから考える目標設定

2019/02/02 資産運用

セカンドライフが始まるまでにいくら準備すれば良いのか、お考えになったことはありますでしょうか?3,000万円、5,000万円、1億円‥‥、漠然と考えていてもなかなか答えは出てきませんが、今後の生活設計をイメージすることで、より具体的な目標を立てることもできます。今回はセカンドライフが65歳から始まると仮定し、今後のライフプランを考えた上で、退職までにいくら準備すれば良いのか、目標を設定する考...

もっと読む »

【要注意】不動産投資1年目のビギナーが、避けるべき行動とは?

2019/02/01 マンション投資の基本

物件を購入し、管理・運用していく……不動産投資のフローはこれで終わりではありません。マンション経営で本当の意味で成功するには、「投資によって得た利益をどう扱うか」が重要です。真の成功者のためになるための行動について解説します。突発的な出費に備えて利益はストックしておくのが基本物件には「新築物件」と「中古物件」があります。中古物件は新築物件と比較し、利回りが高い傾向...

もっと読む »

マネーリテラシーを高めて日々の生活や資産運用に活かそう!

2019/01/25 資産運用

毎日の生活だけではなく、自分や家族の将来のためにも、お金は欠かせないものです。そのためには毎月の収入や支出の管理はもちろん、資産運用や投資に関する知識、税金や社会保険などさまざまな制度の内容についても知っておく必要があります。お金をきちんと管理し、お金に関する知識や情報を集めて活用することができると、お金との付き合い方が上達するでしょう。その結果、将来資産をより多く増やすことができるようにな...

もっと読む »

保険で資産運用?代表的な商品とメリット・デメリット

2019/01/23 資産運用

株式・債券・投資信託などさまざまな金融商品がありますが、生命保険を活用して手元の資産を増やす方法もあります。銀行などの金融機関の窓口で販売されている商品もありますので、ご存じの方もいるかもしれません。生命保険には解約した場合や満期のときに受け取れる解約返戻金や満期金などがない、または少ない、いわゆる「掛け捨て」の保険がある一方、解約返戻金や満期金が貯まっていく「貯蓄型」の商品もあります。今回...

もっと読む »

全体最適で考える!預貯金(現金)、証券、不動産で実現する資産運用のポートフォリオ

2018/12/12 資産運用

資産運用は、"短期"で捉えていてもうまくいきません。なぜなら、短期間で運用成果を評価しようとすると、成果があがっていることもあれば、成果があがっていないこともあるからです。短期間で安易に評価してしまうことによって、「その方法論が正しいのか」「そうでないのか」を正確に判断できず、結果的に、さまざまな投資手法を右往左往している人は少なくありません。資産運用は、ある程度の長期で...

もっと読む »

「リスクヘッジ」と「リスクテイク」マンション投資に潜む不確定要素への対処方法

2018/12/05 マンション投資の基本

投資には"リスク"がつきものです。たとえば、安定して収益が得られるとされているマンション投資に関しても、「空室リスク」「震災リスク」「滞納リスク」など、さまざまなリスクがあります。とくに、正確に予想することが難しい"不確定要素"としてのリスクに対して、どのように対処するのかを考えておくことが、投資家には求められます。ただし、投資というのはリスクがあるか...

もっと読む »

バブル期の不動産投資と現代のマンション投資の違いとは

2018/12/03 マンション投資の基本

"お金"は、社会全体の経済状況に大きな影響を受けます。社会的に景気が良くなれば、お金まわりも良くなりますし、景気が悪くなれば、お金は停滞していきます。そうした社会全体を俯瞰した"お金に対する理解"があれば、景気が良し悪しに関係なく適切な対処ができるようになるでしょう。大事なのは、その背景にある社会情勢を意識することです。たとえば、資産運用を行うにしても...

もっと読む »

定年がリアルに迫る40代の資産形成は「区分マンション投資」が最終手段

2018/11/30 マンション投資の基本

資産形成は、いかに綿密な計画を立てられるかが大事です。目的を考えずに投資していても、自らの資産を賢く運用することはできません。お金が増えたり減ったりすることに対し、一喜一憂している状態は、ただ投資を楽しんでいるだけに過ぎません。もちろん趣味の範疇(はんちゅう)で投資を楽しむのも一つのスタイルですが、将来に必要となる資産を見越して計画を立て「資産形成」という観点で投資を行っていくと、驚くほど投...

もっと読む »

「金持ち父さん」から学ぶ、資産になる不動産と資産にならない"負"動産の違いとは

2018/11/28 資産運用

一般的に、不動産は当然のように「資産」として認識されています。たとえば、マイホームを購入した方、あるいは相続などで不動産を承継した方を見て「あの人は資産を持っているから将来は安心だろう」と思われる方も多いでしょう。しかし、実際には不動産を所有していても、資産とはいえない"負"動産になってしまうケースがあるのです。"負"動産とは、収益を生まないばかりか、...

もっと読む »