タグ:はじめる

不動産投資を始める前に「ライフプラン」を考えるべき理由とは

2021/07/24 不動産投資の基本

将来のことを考えて、会社員や公務員、いわゆる「サラリーマン」で不動産投資を始める方が増えています。サラリーマンの方が行う不動産投資のほどんどは、主に「ワンルームマンション」と呼ばれる投資物件を購入し、その物件を賃貸に出すことによって収入を得る投資法です。ワンルームマンションは不動産投資の中で最も低リスクとされ、まとまった自己資金がなくても始められます。また保有中の管理は不動産管理会社(賃貸管...

もっと読む »

病気や事故で収入減少?「働けなくなるリスク」にも備えられる不動産投資

2021/07/18 資産形成・運用

将来について考えるうえで、人生における不安要素として「病気」や「事故」などが挙げられます。普段から不摂生な生活を続けている方だけでなく、日頃から健康に気を付けていて健康面に不安が全くない方であっても、年齢を重ねるにつれて身体の端々にガタがきて、仕事にも支障が出る可能性は否定できません。もちろん、いわゆるサラリーマンである会社員や公務員のように、仕事が安定している方も油断できません。あらかじめ...

もっと読む »

株式投資に失敗した人でも成功?不動産投資「5つの決定的な違い」で堅実な資産形成

2021/07/10 不動産投資の基本

老後に備えて資産形成・投資を進めている方も多いことでしょう。現代のように将来が見通しづらい時代において「老後の安心」を得るためには、年金制度や社会保障制度など公的な支援を頼りにするのではなく、自らの資産は自ら構築・拡大・管理すること、つまり「自助努力」が求められます。老後の生活費や医療費など将来必要となる資金を想定してみると、20代・30代のうちから主体的な資産形成を進める必要があるとわかり...

もっと読む »

「マイソク」とは?投資不動産の購入でも入居者募集でも欠かせない存在

2021/06/27 不動産投資の基本

あらゆる投資は"情報"がその成否をわけるカギを握っています。特に、不動産投資は、限られた情報のなかから意思決定をしなければならないため、質の良いタイムリーな情報をいかに入手できるかが、投資家として成功を左右する重要なポイントです。不動産投資を検討し始めたばかりの方は、インターネットで情報を調べ、不動産会社に問い合わせようとしている段階かもしれませんが、投資する物件や、購入...

もっと読む »

いざという時に頼れる「不労所得」の仕組みこそが不動産投資

2021/06/18 不動産投資の基本

2019年6月3日、金融庁の金融審議会・市場ワーキング・グループが取りまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」は、「老後資金2,000万円問題」として社会的に大きなインパクトを与えました。連日の報道を受け、老後に備える「お金」について深く考えるきっかけになったという方も多いのではないでしょうか。年金だけでは不安な「人生100年時代」において、不動産投資で得られる「不労所得」は、老後資...

もっと読む »

意外と知らない「専有部分or共用部分」の境目とは?区分所有マンションの基礎知識

2021/06/14 管理・空室対策

不動産投資の中でも「東京の区分所有ワンルームマンション」に人気が集まっています。その理由としてはさまざまな要因が考えられますが、「少額の自己資金で(ケースによっては自己資金ゼロからでも)スタート可能」「東京への単身者の人口流入(一極集中)が続き賃貸需要が堅調」「東京の各所で相次ぐ大規模再開発」「不正融資案件多発による一棟物件に対する融資の縮小傾向」などが挙げられるでしょう。2020年以降のコ...

もっと読む »

成功者は知っている!不動産投資における「行動」の重要性

2021/05/31 不動産投資の基本

不動産投資は“誰にでもチャンスがある”投資です。正しい方法論を身につけて、着実に実践していくことによって、不動産投資を成功させることは可能です。さらに、他の投資と比較して、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」といわれています。ミドルリスク・ミドルリターンとはつまり、空室リスクや家賃変動リスクなど一定のリスクを加味しつつ、家賃収入という「インカムゲイン」というリ...

もっと読む »

自分は平均より上or下?金融資産から考える30代の資産状況とは

2021/03/31 資産形成・運用

他人がどのくらいの「貯金」をしているのか、気になる人も少なくないでしょう。特に日本人は、諸外国と比較しても、現金や預金で資産を保有している人が多いという特徴があります。日本銀行調査統計局が発表した2020年3月末時点での「資金循環の日米欧比較」によると、その構成割合は次のようになっています。「現金・預金」における割合は、日本は実に54.2%、つまり資産の半分を現金・預貯金で保有していることに...

もっと読む »

不動産投資“初年度の確定申告” 事前に知っておくべき事とは?!

2021/02/15 税金

賃貸経営、つまり不動産投資を始めると、給与所得以外の所得である不動産所得が発生することになるので、確定申告が必要になります。確定申告と聞くと、初めての人にとっては難しいことのように感じるかもしれませんが、不動産所得のみであればそれほど複雑な処理は必要ありません。今回は不動産投資をして初年度の確定申告する方向けに、簡単な白色申告と青色申告の概要について解説していきましょう。(本記事は2017/...

もっと読む »

ワンルーム?DINKS向け?投資用マンションの特徴・購入から運用の基本を知ろう

2021/01/31 不動産投資の基本

不動産投資の対象となる物件にはさまざまな種類があるものの、失敗するケースにはいずれも類似した特徴があります。たとえば、不十分な事前調査やシミュレーションの甘さ、戦略・戦術のなさ、あるいは単純な判断ミスなどです。どのケースにおいても後から考えてみると改善すべき余地があったと気づけるものばかりでしょう。では、マンション経営に着手する場合、どのようなポイントに注意しておけばいいのでしょうか。大切な...

もっと読む »

資産運用の株式・FX・投資信託、仕組みやメリット・デメリット

2021/01/22 資産形成・運用

資産運用をはじめるにあたり様々な投資対象がある中で、まずは最もオーソドックスであると言える金融商品の種類やその特徴を知る必要があります。ここでは代表的な金融商品である株式・FX・投資信託、それぞれの仕組みを中心に解説します。(本記事は2017/09/07配信のものを2021/01/22に更新しております)▼目次 株式投資の仕組み FXの仕組み 投資信託の仕組み 自分に合った納得のいく資産運用...

もっと読む »

不動産投資するなら区分?一棟?そのメリット・デメリットとは

2020/12/30 不動産投資の基本

不動産投資には、ワンルームマンションなどの区分マンションへの投資と一棟投資があります。不動産投資初心者の方は区分所有から始めるケースが多いのですが、徐々に物件を増やしていき、最終的に一棟マンションや一棟アパートへ投資することを目指している人も少なくないでしょう。今回は、区分投資と一棟投資のそれぞれのメリット、デメリット、特徴について詳しく見ていきましょう。(本記事は2017/09/06配信の...

もっと読む »

「貯蓄から投資(資産形成)へ」日米欧の資産における現金・運用割合の比較

2020/12/19 資産形成・運用

バブル崩壊後の1990年代後半から、様々な金融制度の改革が行われ、2000年代に入ると「貯蓄から投資へ」という言葉が使われ始めました。2015年ごろからは、より身近なテーマとして捉えてもらうことを狙いに、金融庁が「貯蓄から資産形成へ」という言葉を使うようになりました。その後も投資・資産運用の裾野を広げる目的で証券税制の優遇などを行い、資産形成のための環境作りを国を挙げて行ってきました。しかし...

もっと読む »

「20代・30代・40代」年代別の不動産投資を始める理由3選

2020/12/05 不動産投資の基本

将来に向けた資産形成としてマンション経営のような不動産投資を始めるのであれば早ければ早いほど有利です。ただ、各世代によって投資を行う目的やメリットは異なるため、それぞれの年代で始める場合の特徴を理解しておくと良いでしょう。今回は20代、30代、40代の各世代の不動産投資を参考にして、資産形成のヒントを掴んでいきます。(本記事は2017/09/27配信のものを2020/12/05に更新しており...

もっと読む »

不動産投資における「表面利回り」と「実質利回り」の違いとは

2020/11/14 不動産投資の基本

2020年現在、都心部での不動産投資は平均4~5%前後の利回りが期待できるといわれています。これは、現状の超低金利政策の影響化にある預貯金や、国債の利回り水準に比べ魅力的な利回りといえるでしょう。ただ、不動産投資には「表面利回り」と「実質利回り」という2つの利回りがあります。今回はその違いを詳しくみていきましょう。(本記事は2017/09/13配信のものを2020/11/14に更新しておりま...

もっと読む »

“融資”と“物件” 不動産投資するならまずはどちらが先なのか?

2020/11/06 管理・空室対策

不動産投資で収入を得るためのスキームは、それほど複雑なものではありません。金融機関から融資を受けて物件を購入し、家賃収入を得ながら、金利を含めたローン返済をしていく流れとなります。つまり、家賃収入で金利とローン返済を相殺するわけです。そのとき、家賃収入が金利およびローン返済の額を上回っていれば、手元にお金が残ることになります。それがつまり、不動産投資における “所得”と...

もっと読む »

改めて紐解く!『金持ち父さん貧乏父さん』にみる不動産投資の捉え方

2020/10/06 不動産投資の基本

アメリカの投資家ロバート・キヨサキ氏が1997年に発表した『金持ち父さん貧乏父さん』。この本は、アメリカや日本はもちろん、世界中で大ヒットとなりました。すでに世界51ヵ国語で翻訳され、109ヵ国で紹介されています。発行元の筑摩書房によると、日本での販売部数はシリーズ全体で累計395万部。全世界ではなんと4,000万部を突破しているそうです。2013年に日本でも発売された『改訂版 金持ち父さん貧...

もっと読む »

投資前後に必須!未来の収支をみる“不動産投資シミュレーション”

2020/09/19 資産形成・運用

マンション経営やアパート経営といった不動産投資をする際はシミュレーションを作成し、購入してからの収支や出費などの見込みを事前に想定しておきましょう。運用を始めてみると、シミュレーション通りにいかないこともあるので、その場合見直すポイントはどういう点なのでしょうか。また、シミュレーションを作ると具体的に何が分かるのか解説していきます。(本記事は2018/01/04配信のものを2020/09/1...

もっと読む »

経済危機に強い!マンション経営が投資の王様と呼ばれる理由

2020/09/16 不動産投資の基本

歴史を紐解いてみると、好況期と不況期は交互に繰り返していることがわかります。好調に推移していた経済が、やがて何らかの"金融危機"によって低迷し、少しずつ回復したかと思えば、また別の金融危機によって後退していく。歴史とはまさに、くり返しの産物であることがわかります。かつては、おおむね5~10年ほどで景気が循環するとされていましたが、金融危機の動向をみる限り、そのサイクルはど...

もっと読む »