タグ:メリット

不動産投資が節税になる仕組みとは?所得の高い人ほど効果大?!

2019/10/14 税金

毎月納める所得税と住民税の額をみて、うんざりしたことはありませんか。日本の所得税および住民税は、累進課税になっており、所得が増えるほど税負担が大きくなります。「不動産投資は節税になる」という話を聞いたことがある人はいると思いますが、それは不動産投資を行うと、赤字が出た際に総所得において損益通算でき、所得税の還付が可能となる場合があるからです。それはどのような仕組みなのでしょうか。初心者こそ知...

もっと読む »

「生命保険」と「不動産投資」の比較からわかるメリットとは?

2019/10/13 不動産投資の基本

日本人は生命保険への加入率が高いことをご存じでしょうか。公益財団法人生命保険文化センターの調査によれば、2015年度の日本における生命保険の世帯加入率は89.2%に上りました。一方、例えば同じ先進国の一つであるイギリスの場合、生命保険の加入率は24.9%と日本と比較した場合に極めて低い水準となっています。日本とイギリスでは福祉・医療システムがまるで違うため、単純に比較できるわけではありません...

もっと読む »

「不動産投資の自己資金」ワンルームマンションならいくら必要か?

2019/10/04 不動産投資の基本

一般的には「不動産投資」と聞くと、まだまだ富裕層や地主が行うものというイメージが強いかと思います。しかし実際には、一般企業に勤めるサラリーマンや、年金で投資運用をする方など、いろいろな大家さんがいらっしゃいます。不動産は金額が大きいためハードルが高く見える不動産投資ですが、サラリーマンでも比較的お手頃なワンルームマンションへの投資を不動産投資ローンを組んで始めるにあたり、一体どれぐらいの自己...

もっと読む »

ガン診断確定で残債がゼロに?!不動産投資ローン向け団体信用生命保険とは

2019/10/03 資産運用

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンを組んだ人が死亡、又は所定の高度障害状態に陥った際、ローンの残債を保険で完済してくれる仕組みです。従来は、自分で住む住宅を買うためにローンを組んだ人に対し、融資元の金融機関が同保険への加入を義務付けてきました。現在は不動産投資でローンを組んだ際も団体信用生命保険に加入するケースがほとんどです。自分に万が一のことがあった際、ローンの残債は保険で完済され、...

もっと読む »

見落し厳禁!不動産投資の「管理費」。ポイントはマンション経営でのオーナーと入居者の視点

2019/10/02 管理・空室対策

家賃収入がなければ不動産投資であるマンション経営は成り立ちません。しかし、だからといって、家賃ばかりに注目してしまうのも考えものです。なぜなら、マンション経営における最終的な利益は、得られた家賃から諸経費を差し引いたうえで求められるためです。それがいわゆる「実質利回り」となります。家賃収入だけの「表面利回り」では、物件の本来的な実力を推し量ることはできません。表面利回りはあくまでも基準でしか...

もっと読む »

不動産投資にしかない魅力、他人資本を活用したレバレッジ効果とは

2019/09/26 不動産投資の基本

世の中には、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)など、さまざまな投資商品があります。なかでも不動産投資は「他人資本の活用」つまり金融機関から融資を受けることで、元手をかけずに(場合によっては自己資金0円から)資産形成ができる点に魅力があります。これは他の投資には見られない不動産投資だけの特徴です。アベノミクスに端を発した昨今の超低金利環境では、サラリーマンと呼ばれる会社員や公務員などの方でも...

もっと読む »

保険より断然有利!?最新の団信(団体信用生命保険)のスゴさとは

2019/09/18 不動産投資の基本

団体信用生命保険(団信)とは、万が一、債務者が返済中に亡くなったり高度障害を負ったりして弁済不能となった場合に、保険金により残債を返すことができる保険です。一般的には住宅ローンを借りたときに同時に加入することが多いのですが、不動産投資ローンにも同じように団信が付いてくるケースが多いです。実はその団信が場合によっては一般的な生命保険よりも有利になることはご存じでしょうか?!それでは気になる最新...

もっと読む »

購入後はどうする?不動産投資物件の管理方法、管理会社の種類とは

2019/08/30 管理・空室対策

不動産投資が成功するか否かの分岐点は、購入するときの「物件選び」もしくは「立地選び」だと思う方も多いでしょう。もちろん、良質な物件、賃貸需要が見込める立地でなければ、保有する不動産から収益を得ることは難しくなります。しかし、それだけでは不十分です。不動産投資が成功するもう1つのポイントに、購入してからの「不動産管理」があります。なぜなら、不動産管理をおろそかにしてしまうと、家賃収入を継続的に...

もっと読む »

不動産投資のメリット「団体信用生命保険」の基本をおさらいしておこう

2019/07/25 不動産投資の基本

不動産投資の魅力は、家賃による安定的な収入、諸々の管理は管理会社に任せっきりにできること、そして「生命保険代わり」になることです。そのため、日ごろ忙しくて時間のない会社員や公務員の副業として選ばれています。不動産投資において投資用ローンを組むときに、融資の条件として挙げられるのが「団信(=団体信用生命保険)」です。万が一の事態に陥った場合はローンが完済される為、「生命保険代わりになる」と言わ...

もっと読む »

マンション投資は「守りの一手」ライフプランを安定させる個人の戦略とは

2019/07/19 不動産投資の基本

先行きの見えない不安の時代の中、資産運用はますます個人の経済生活にとって重要なものになっています。終身雇用制度の崩壊や消費税等の増税、年金受給年齢の引き上げの議論などから、これからの時代は個人が自身の資産を積極的に運用し、将来に備えなければならなくなりました。資産運用を行わないことが大きな機会損失になっていくのです。このような不安定な経済状況の中、将来をより安定的にするためには、自分の人生に...

もっと読む »

活用していますか?セルフメディケーション税制

2019/05/24 税金

2017年1月に「セルフメディケーション税制」が創設されてから2年余り経ちました。従来からある「医療費控除」の特例で、確定申告で控除を受けた人もいるでしょう。今回は、改めてこの税制はどのようなものなのか、概要をお伝えしていきます。そもそもセルフメディケーション税制とは?従来の「医療費控除」では、1年間に支払った医療費が「10万円または総所得金額の5%のいずれか低い方の金額」を超えた場合には、...

もっと読む »

「貯蓄から投資へ」は進んでいるのか?家計の金融資産構成

2019/05/22 資産運用

バブル崩壊後の1990年代後半から、様々な金融制度の改革が行われ、2000年代に入ると「貯蓄から投資へ」という言葉が使われ始めました。その後も投資・資産運用の裾野を広げる目的で証券税制の優遇などを行い、資産運用のための環境作りを国を挙げて行ってきました。この約20年の間に「貯蓄から投資へ」は進んだのでしょうか。今回は家計の金融資産構成の推移などを交えながらお伝えしていきます。家計の金融資産構...

もっと読む »

「お一人様で生きていく」と決めたら、お金は何で運用する?

2019/05/20 資産運用

日本人の婚姻率は低下傾向にあり、生涯未婚の人、いわゆる「おひとりさま」の比率は増えています。一人で生きていくと決めたときに心配になるのがお金です。一人の老後に備えて用意するべき老後資金はいくらぐらいで、どのようにして運用すればいいでしょうか。独身を貫くと決めたら、何を心配すべきか男女別 50歳時の未婚割合(生涯未婚率)の推移(国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2018年度版)」よ...

もっと読む »

マンション投資の安定経営術 入居者満足アップの鍵は「設備交換」と「小さな修繕」

2019/05/15 管理・空室対策

賃貸経営の競争力が高まっている昨今、入居者ニーズに合っていない物件、サービスの悪い物件は淘汰されやすい環境です。入居者満足を高めるには「手頃な家賃設定」や「賃貸管理会社の対応力」などいくつかの要因がありますが、その中のひとつが設備交換と修繕対応。ちょっとしたことですが、大きな差になる可能性があります。住宅設備も入居者満足に影響するマイナビ賃貸の「その道のプロが語る!住宅設備のポイント」によれ...

もっと読む »

一般NISAとつみたてNISA、違いを理解して賢く選ぼう

2019/04/26 資産運用

少額から始められて、非課税で資産運用ができる「NISA」。2014年から制度がスタートし、多くの人が口座を開設しています。ところで、NISAには「一般NISA」と「つみたてNISA」があるのをご存じでしょうか。両者の違いと選び方について考えてみます。そもそもNISAって何?2019年2月、金融庁は「つみたてNISA口座数が100万口座を突破した」と発表しました。2018年12月末時点での全N...

もっと読む »

あなたに必要なのは?生命保険で準備できる保障

2019/04/22 資産運用

もしもの時に備えて加入をする生命保険。2019年2月1日現在、日本で事業を行う生命保険会社は42社に上ります。その各社から多くの保険商品が販売されていて、保障の内容も様々ですが、今回は生命保険でどのような保障が準備できるのか、また加入するにあたっての考え方等についてお伝えしていきます。どのような保障が準備できるのか?・死亡保障まずは代表的な保障として「死亡保障」が挙げられます。世帯主が万が一...

もっと読む »

マンション経営のコツ 物件数を増やせない不動産投資家はどこを改善すべきなのか?

2019/04/16 不動産投資の基本

不動産投資の醍醐味は、物件数を増やすことで家賃収入を増大させることです。しかし、 スタートアップは順調だったのに、規模を拡大できずに足踏みしているケースも多く見られます。この停滞する状況を突破するための改善策を考えます。不動産投資とは融資をコントロールするビジネス不動産投資で経営規模を拡大していけるかは「融資の量」が鍵を握っています。マンション経営の特性は「他人資本(=金融機関の融資)」で投資...

もっと読む »

確定申告にミスはない?損してない?今からでも間に合う節税のカギ「所得控除」の注意点

2019/03/29 税金

3月15日の期限までに確定申告を済ませ、ひと安心という方も多いと思います。ただし、確定申告でうっかりしがちなのが「所得控除」です。節税のカギは所得控除なのですが、正しく理解していないがために損している人も少なくありません。確定申告の期限を過ぎても間違いを訂正できるあわただしく確定申告を何とか済ませたけれど、税金について理解があやふやなまま申告したために、申告後に間違いに気づいた、あるいは申告...

もっと読む »

不動産投資物件における構造別特徴とは

2019/03/13 不動産投資の基本

不動産投資を行う上で、得られる家賃収入を積み上げていくためには、物件の選択が一つのポイントとなります。物件を選択する前に行うべきことは、まず自分が将来どうなりたいのかをイメージすることです。これをおざなりにすると、どのような物件を購入すべきか決められません。例えば、副収入は欲しいが絶対に手間はかけたくない、手間をかける時間がない人もいるでしょう。また、ある程度時間はあるのでより多くの収入を得...

もっと読む »

家計簿をつけよう!と思った時に気をつけたい3つのポイント

2019/02/27 資産運用

新しい年の始まりは1年の目標や計画などを立てる良い機会です。また、年が明けたのをきっかけに気持ちも新たに家計簿をつける方もいるでしょう。そこで、今回は家計簿をつけ始める際のポイントや注意点などを紹介します。家計簿をつける目的を考える家計簿には、1月始まりと4月始まりのものがあります。子どもがいる場合やサラリーマンの場合には4月始まりのほうがわかりやすい場合もありますが、自分や家族が管理しやす...

もっと読む »